MENU

何度も繰り返す足の裏の悩みじゃない場合も多い 病院でも誤診の可能性あり ほかの原因と見分けがつきにくい

何度も繰り返す足の裏の悩みのような症状が見られても、他の病気が原因となっていることがあります。
何度も繰り返す足の裏の悩みとよく似た症状が出る病気もあるので、病院でお医者さんが誤診してしまう可能性もあるかもしれません。

 

どのような病気にかかると何度も繰り返す足の裏の悩みに似た症状が出るのか調べてみました!

何度も繰り返す足の裏の悩みかと思ったのに違っていた?

足のムズムズしたかゆみや水ぶくれ、皮が剥けるなどの症状が現れると大抵はすぐに何度も繰り返す足の裏の悩みを疑います。

 

なぜなら何度も繰り返す足の裏の悩みはとても多くの人がかかる疾患で、花粉症と同じくらいメジャーなものと思われているからです。

 

そのため自分にもそうした症状が出ると、これはきっと何度も繰り返す足の裏の悩みだ!と思ってしまうわけです。

 

ところが何度も繰り返す足の裏の悩みでよく見られる症状は、他の病気が原因となっていることもあります。

 

そうした場合、何度も繰り返す足の裏の悩み専用の薬を使っても良くなることはありません。
しっかり原因を突き止めその上で対処していかなければ、かゆみやガサつきなどの症状は良くならないのです。

金属アレルギーの場合も

何度も繰り返す足の裏の悩みと似た症状を持つ疾患のひとつが金属アレルギーです。

 

金属アレルギーとは、金属が肌に触れた場所にだけ生じるものではありません。
金属イオンとなったものが体内に入ると、免疫機能が拒絶反応を起こしアレルギー症状が出てしまいます。
ピアスやネックレス、時計などがアレルギーを引き起こすこともありますし、金歯や銀歯が原因になることもあります。

 

この金属アレルギーは、足の裏にかぶれやかゆみを引き起こすことがあります。

 

赤く腫れたり蕁麻疹ができて皮膚がガサガサになることもあり、何度も繰り返す足の裏の悩みのような症状が現れます。

カンジダ症とも似ている何度も繰り返す足の裏の悩みの症状

カンジダ菌は人の皮膚に付いている常在菌で、普段は悪さをすることはありませんが、免疫力が低下すると体に悪影響を与えることがあります。

 

カンジダ菌は特に性器に発症しやすい特徴がありますが、その他にも全身のあらゆるところに影響を与えることがあります。
例えば、口や爪などが赤く腫れてしまうこともあり、カンジダ症もなかなか厄介な病気のようです。

 

その中でも皮膚カンジダ症というのは、何度も繰り返す足の裏の悩みと似た症状が現れます。
皮膚の表面がガサガサして皮が剥けてしまうのです。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みもこうした症状が出るので、この二つの疾患は間違えられることもあるようです。

汗疱(かんぽう)などのあせも

汗疱(かんぽう)というのは聞き慣れないかもしれませんが、一般にあせもと言われる疾患と同じです。

 

汗をかきやすい人がなりやすく、指の間に小さい水ぶくれができます。
これが足にできると何度も繰り返す足の裏の悩みによく間違えられてしまうのです。

 

さらに、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という少し難しい名前の疾患ですが、こちらも小さな水ぶくれができます。
始めは水ぶくれができすぐに黄白色の膿を持ち、それが乾燥してくると褐色に変色して皮膚が剥がれ落ちます。

 

これは、小水疱型の何度も繰り返す足の裏の悩みのように皮膚が分厚くなったり皮が剥けたりするので、何度も繰り返す足の裏の悩みの症状ととても良く似ているそうです。

 

後は、日常的によくみられるのが接触皮膚炎です。
これは何らかの物質が皮膚に付き、その物質に対して皮膚が反応して炎症を起こすもので一般的にはかぶれといわれるものです。
漆の木に触れて起こったり絆創膏でも起こります。

 

これらの皮膚疾患は、何度も繰り返す足の裏の悩みの薬を使っても症状を改善することはできません。
自分で見ただけでは何度も繰り返す足の裏の悩みかどうかを判断することはできないので、難しいところです。

原因を突き止めて足の悩みを解消しよう!

自分で何度も繰り返す足の裏の悩みかを判断するのは難しいのですが、

実はお医者さんも誤診してしまうことがけっこうある
ようです。

 

誤診のまま治療を続けても良くなるはずはありません。
何の病気でこうした症状が引き起こされるのか知る必要があります。

 

原因が分からない場合、皮膚科で顕微鏡検査をしてもらえれば何度も繰り返す足の裏の悩みかどうかがはっきりします!

 

ただの何度も繰り返す足の裏の悩みにしても、爪に異常が現れるにごり爪にしても、長年の悩み(はくせんきん)が見つかれば何度も繰り返す足の裏の悩みまたはにごり爪ということになります。
しっかり検査をしてもらうことで自分に合った治療ができるわけです。

 

ところが、
専門家であるはずの皮膚科の病院の先生でさえ、目視だけで何度も繰り返す足の裏の悩みあるいはにごり爪という診断をしてしまうことが多いようなのです。

 

ネットで購入できるにごり爪専用の塗り薬で効果を見極めようと考えました。
1か月経過をみれば、本当ににごり爪がどうかわかります。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みと思っていても他の病気が関係していることも多いようで、薬が効かないと感じるなら違う病気を疑うのが良いのでしょう。
病院にいくのはそれからでもよいのかもしれません。

関連ページ

水虫にかかりやすい人や環境 なぜ若い女性に増えたのか?
水虫・爪水虫のことがよくわかるQ&A-水虫にかかりやすい人や環境
にごり爪は治らないと思い込んでいませんか?
にごり爪は治らないのでしょうか?実は、治らないのは昔の話で今は治るのです。爪水虫の原因であるカビ菌への対処方法や、完治させるためのポイントなどを押さえてしっかり対処しましょう。水虫より恐ろしい爪水虫についても治療することが大切です。
にごり爪は熱に弱いって聞いたんですが本当ですか?
水虫・にごり爪のことがよくわかるQ&A-水虫の感染力、かかりやすいタイプ、水虫は遺伝する?、水虫飲む薬の副作用、民間療法、など
にごり爪の治療で酢が効果的って本当?
今のにごり爪用の塗り薬の方が、酢の治療よりも何千倍も効果があるようです。 結論としては、もっと効率よいやり方で治した方が良いということですね。