MENU

何度も繰り返す足の裏の悩みにかかりやすいか−遺伝・子ども・浴槽

浴槽ではうつりやすいか?

風呂場でにごり爪にかかった人の湯船につかると、浸かった人まで悩みするかどうかということですが、結論からいうと、うつることはありませんので安心してください。

 

にごり爪の正体である長年の悩み(真菌)というカビは、浴室に浸かると、流されてしまいますので、
一般的には浴槽のお湯でうつるということはありません

 

逆に、うつりやすい環境ということなら、

  • 同居の家族などで何度も繰り返す足の裏の悩みの人がいる
  • 1日に8時間以上、靴下・靴を履いている・・・長年の悩みが皮膚に入りやすい環境になっている
  • ゴルフ、水泳をしている・・・マットに何度も繰り返す足の裏の悩みを含んだアカが付着していることが多い
  • 手足に汗をかきやすい・・・湿気が菌を繁殖させやすい
  • 足の指が開きにくいため、びっちり指同士が密着している
  • ごしごし足を洗う・・・足の表面の皮膚が薄くなって、長年の悩みは入りやすい

 

この場合は、にごり爪になりやすい環境といえますので、注意が必要でしょう。

何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪は遺伝するか?

何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪は遺伝するということはありませんが、何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪になりやすい家系はあるといえます。
これは、足の形や汗をかきやすいという点で遺伝の影響が考えられるからです。

 

足の形でいうと、指先が太く短い、指の間が狭い、足全体がずんぐりと丸みがある、などの場合は遺伝の影響で何度も繰り返す足の裏の悩みにかかりやすい体質といえます。

 

また、何度も繰り返す足の裏の悩みの家族がいると、ほかの家族も当然、何度も繰り返す足の裏の悩みにかかりやすいことから、遺伝と勘違いされるケースもあるようです。

何度も繰り返す足の裏の悩みにかかりやすい地域やスポーツとは?

日本国内では、気温の高い西日本に多く、気温の低い東日本は少ない傾向があります。
また、外国ではどうかというと、東南アジアなどは高温多湿なので何度も繰り返す足の裏の悩みが多い印象ですが、意外に少ないという統計があります。

 

逆に、寒冷地のロシアなどの国では多いようです。

 

理由としては、東南アジアの人の場合は、サンダル履きの人が多く足が蒸れないので何度も繰り返す足の裏の悩みになりにくいのに対して、ロシアなどでは1日中靴を履いているので足の湿気が高いからと言われています。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みになりやすい環境かどうかは、気温より湿気の方が影響を受けやすいといえそうです。
ちなみに、日本に近い気候のドイツ、フランス、イギリス、オランダ、韓国などでは、何度も繰り返す足の裏の悩みが発症する割合は日本と同じ程度です。

 

また、スポーツを行う環境と何度も繰り返す足の裏の悩みには大きな関連性があるといわれています。
ゴルフ、水泳、ジョギング、エアロビスクをしている人に足何度も繰り返す足の裏の悩みが多く、ゴルフ、武道をしている人ににごり爪が多いといわれています。

ペットからの悩みもある

足や爪の何度も繰り返す足の裏の悩みがペットから移ることはほとんどないみたいですが、砂金では、ペットから頭や体に何度も繰り返す足の裏の悩みがうつる場合があるので要注意ですね。

 

ペットに関連した代表的な何度も繰り返す足の裏の悩み菌がミクロスポルム・キャニス(犬小胞子菌 いぬしょうほうしきん)というものです。
ペットを抱くことで、顔や首、腕などに、赤見が強く小型で環状の皮疹(ひしん)がたくさん現れてきます。
高級ペットが外国から輸入されるようになってからこの何度も繰り返す足の裏の悩み菌の悩みが増大しているようです。

子どもも何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪にかかるのか?

一般的には、20歳を過ぎると何度も繰り返す足の裏の悩みにかかるといわれていますが、子どももまれに何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪にかかります。多くは、一緒に住む家族からうつるケースが多いようです。

 

一方、高齢者の場合は、皮膚の新陳代謝が遅くなり角質が厚くなり、爪の伸びも遅くなる、免疫機能の後退などから、何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪になりやすいといえます。

 

また、こどもは何度も繰り返す足の裏の悩みになっても比較早く治るのに対して、高齢者は治りにくいといわれます。

 

しかも、何度も繰り返す足の裏の悩みにかかっている期間が長く慢性化してくると、足の裏が硬くなるタイプの何度も繰り返す足の裏の悩みに症状が変化してきたり、さらににごり爪になってしまうことにつながってきます。

 

治療して治ったと思って治療を中断すると、何度も繰り返す足の裏の悩みからにごり爪に進んでしまって、症状が悪化することが多いので、治療したら再発防止をしっかりしておかないと、せっかくの治療が無駄になってしまいますから注意が必要ですね。

 

にごり爪という概念は、昔はありませんでしたから、ひどい状態になっているのに何度も繰り返す足の裏の悩みとは考えられない人も多かったと思います。

 

今は、爪も何度も繰り返す足の裏の悩みになるということを新聞やテレビで知った人も増えてきたと思います。

なぜ、にごり爪が若い女性に増えたのか?

何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪というと、不潔な男性のものという印象があったのですが、今や若い女性の割合が増えてきています。

 

理由としては、女性が社会に進出することが増えてきたことと関連しています。以前は外出することが少なくて自宅で素足で暮らしていた女性が、働く女性が増えてきました。

 

その結果、ハイヒールを履く時間も増え、足に長年の悩みが棲みつく機会も増えてきたんですね。

さらに、外出時には、ハイヒールで毛ではなく、ナイロンのストッキングや下着など、通気性の悪いものを身に着けがちになるので、長年の悩みが活発に活動しやすい環境になっているんです。

 

また、にごり爪患者の女性が増えたもう一つの原因としては、女性の通院率が上がったことが挙げられます。

これまでは、

 

「恥ずかしいから病院には行きたくない」

 

という女性はやはり多く、皮膚科などの病院に行くことが少なかったのですが、美容の問題でほったらかしにできない、爪白癬(つめはくせん)が社会的に周知されてきて不治の病気ではないから病院に行って治そうという女性も増えてきています。

関連ページ

にごり爪は治らないと思い込んでいませんか?
にごり爪は治らないのでしょうか?実は、治らないのは昔の話で今は治るのです。爪水虫の原因であるカビ菌への対処方法や、完治させるためのポイントなどを押さえてしっかり対処しましょう。水虫より恐ろしい爪水虫についても治療することが大切です。
にごり爪じゃない場合も多い−似た症状の病気 まとめ
水虫は意外にもはっきりとわからない場合が多い病気です。病院で診察を行っても、まったく別の病気として誤診されてしまうケースもあるのです。似た症状に見える主な病気についてまとめていますので、原因をしっかり調べましょう。
にごり爪は熱に弱いって聞いたんですが本当ですか?
水虫・にごり爪のことがよくわかるQ&A-水虫の感染力、かかりやすいタイプ、水虫は遺伝する?、水虫飲む薬の副作用、民間療法、など
にごり爪の治療で酢が効果的って本当?
今のにごり爪用の塗り薬の方が、酢の治療よりも何千倍も効果があるようです。 結論としては、もっと効率よいやり方で治した方が良いということですね。