MENU

にごり爪は今や自宅で手軽に治す時代

40代のおっさんです。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みをずっと放置していたら、とうとう爪にまで何度も繰り返す足の裏の悩みの被害に遭い、さらに家族に心配され(というか、敬遠され)、必死に調べて何とか自宅で自力でにごり爪を退治した体験を持っています。

 

せっかく一生懸命調べたので、にごり爪のサイトまで作ってしまいました。
お役に立てれば幸いです。

 

まず、「そもそも何度も繰り返す足の裏の悩みって?」というところからですが、
日本人の5人に1人は何度も繰り返す足の裏の悩みにかかっていて、その半分はにごり爪にもかかっているそうです。

 

皮膚科外来で診察を受ける方の4割が何度も繰り返す足の裏の悩み患者といわれていますから、何度も繰り返す足の裏の悩みって日本人にはとても身近な病気ですね。

 

そして、にごり爪は長年の悩み(はくせんきん)というカビ菌の一種が爪の中に入り込んでしまう病気です。

 

足の指の間などにできた何度も繰り返す足の裏の悩みが、さらに爪の中にまで入り込み爪まで何度も繰り返す足の裏の悩みになってしまうというものです。

 

爪白癬
何度も繰り返す足の裏の悩みをほったらかしにすることで、さらに治りにくいにごり爪になってしまい、事態はドンドン深刻になってしまうんですね。

 

この長年の悩み。皮膚表面の角質層(かくしつそう)にまで侵入し、ケラチンというタンパク質をエサにして長く住みつきます。

 

そして、色々な理由はありますが、

 

にごり爪は治らないと思っている人が多い
ようです。

 

「どうせ治らないから涼しくなるまでがまん」と思って、夏が過ぎるのをじっと待っているという話も聞きます。

 

確かに、暑い時期を過ぎれば何度も繰り返す足の裏の悩み菌の活動が弱くなって「もしかして治ったんじゃないか」と思いたくなります。

 

私の場合も、何度も繰り返す足の裏の悩み+にごり爪のダブルパンチでしたが、夏過ぎに何度も繰り返す足の裏の悩みの方は症状が良くなってきたんですね。

 

でも、症状が消えたように見えても、次の年に暖かくなってくると何度も繰り返す足の裏の悩み菌は活動を再開するんです。

 

つまり、何度も繰り返す足の裏の悩みが治ったと思うのは気のせいで、
何度も繰り返す足の裏の悩み菌を治療しない限り、何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪は絶対に治らないんです!

 

実際に、何十年も何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪に悩まされているという方は今も多いようですね。

 

  • 「すこしかゆいけど我慢すれば医者に行くほどじゃない」とか、
  • 「恥ずかしくて医者に行きたくない」とか、
  • 「他人ににごり爪になったことを知られたくない」とか、
  • 「家族にも言いたくないけど、うつしてしまうのはもっとイヤ」

 

こんなふうに悩んでいる方が多いようです。

 

特に、

 

女性の方は人に言いづらく、病院に行くのもためらってしまいがちで症状を深刻化してしまいがちです。

 

このように、にごり爪はなかなか治りにくい上に病院に行くのもイヤというにごり爪特有の事情があって、これまでは治療をあきらめる方が多かったんですね。

 

しかし、今は専用ジェルが通販で販売されています。

 

クリアネイルショットの使用体験談はこちらから。
クリアネイルショットの販売サイトはこちら⇒にごり爪専用ジェル/『クリアネイルショット』

にごり爪の治療法が劇的に進化

江戸時代より何度も繰り返す足の裏の悩みは不治の病とも言われ、ましてやにごり爪なんてその存在すら認知されていませんでした。

 

昔は何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪になる原因自体がわからなかったから、治す方法も当然分からなかったわけです。

 

でも、何度も繰り返す足の裏の悩みの研究が進んできた現在では、何度も繰り返す足の裏の悩みの原因について昔よりもたくさんのことが分かっています。

 

長年の悩みというカビ菌が何度も繰り返す足の裏の悩みの原因であることがわかり、この菌をしっかり退治できる薬もすでに開発されているので、今はちゃんと治療すれば何度も繰り返す足の裏の悩みもにごり爪も必ず治るというわけです。

 

そして不幸にもにごり爪になってしまった場合、しっかり早く治療したいと思ったら、

 

「皮膚科のある病院に行き診察する」
 ・・・やはりこれが王道なんですね。

 

にごり爪って一般的なありきたりな病気だから、どの病院でもよいと考えてはいけません。専門医のいる病院で診てもらう方が確実です。

 

それで、実際に専門の病院で診察してもらった結果、にごり爪と診断されれば病院での治療法としては、3つの選択肢があります。
それは、内服薬(飲み薬)で治すか、外用剤(塗り薬)で治すか、レーザー治療で治すかという3つです。

 

そして一般的に病院の治療は、内服薬による治療が基本となります。

 

なぜなら、内服薬(飲み薬)なら、体の内側から足の爪の中に入り込んだ長年の悩みにアプローチする形になるため、

 

「飲む薬の薬剤がダイレクトに長年の悩みに効く」⇒「早く治る」
 となるからです。

 

一方、塗り薬は硬い爪にブロックされて薬剤が爪の中の長年の悩みになかなか届きにくいんです。
厚く変形した爪を削った上で塗り薬を使用する処方もあるようですが、治療効果はどうしても限定的。

 

やはり飲み薬が最強ですので、医療現場では今も飲み薬(内服薬)での治療が中心になります。

 

とはいっても、にごり爪治療に医療現場で使用されていた飲み薬は、1990年代後半までは、グリセオフリゲンという薬オンリーで、この薬は残念ながら長年の悩みの成長を抑えるという効果しかなかったので、とても治療に時間がかかっていたんです。

 

塗料効果は低いけど、当時はこれしかなかったわけです。
確かに治るには治るのですが、とにかく時間がかかる。

 

なんと1〜2年の使用が必要で、なおかつ1日3〜4錠を2〜3回に分けて飲み続けなければならなったんです。
これじゃ、多くの人は続けられませんよね。

 

そんな時代もあったんですが、新しい飲み薬の登場で状況が一変します。
1997年にテルビナフィン、1999年にイトラコナゾールがにごり爪治療で使われるようになり、

 

にごり爪治療が劇的に進化します。

 

この2つの錠剤は、1日1回の服用でOKで、なんといっても長年の悩みを殺傷できる力があるんですね。

しかも、いったん薬剤が患部に届くと、薬剤がそこに長期間留まってくれる性質があるので、効果が長持ちするんです。

 

服用後24時間には患部に成分が到達し、7日後には爪の先端まで到達します。そこで、半年以上、十分な濃度で薬剤が留まってくれるんです。

この新薬を使えば、1年後には約8割のにごり爪が治るといわれていますから今はよい時代になりました。

 

ちなみに近年では、ラミシールイトリゾールが内服薬として処方される事が多いようです。

 

これらの内服薬も、先の薬と同様に長時間爪の中に留まってくれ、なおかつ一般の外用薬では届かない爪の奥の長年の悩みに効力があります。

 

いずれにせよ、病院での治療となれば、基本的には飲み薬でチャッチャと治す治療法がメインということです。

 

内服薬で治療すれば、何度も繰り返す足の裏の悩みなら1か月、にごり爪なら3カ月で治ると言われています

 

これら新薬の登場によって、
にごり爪は必ず治る病気となったわけです。

にごり爪を自分で自宅で治せないの?

さて、ここからはこの記事の本題です。
爪の下や中にいる長年の悩み(はくせんきん)という何度も繰り返す足の裏の悩み菌を退治するには、塗り薬だと爪がジャマになって薬剤の効果が届きにくい。

 

自宅で治したいと思っても、にごり爪に効く飲み薬は市販されていないのですから市販の塗り薬という選択肢しかありません。

 

でも、そもそも市販の塗り薬は何度も繰り返す足の裏の悩み用なので、何度も繰り返す足の裏の悩みには効いてもにごり爪には効果が低く、治療が長引く、つまり長期戦になりやすいという弱点があります。

 

確かに病院に通院すれば飲み薬を処方されて一番早くにごり爪が治るとわかっています。
でも、自宅で通販・市販の治療薬(塗り薬)を使いにごり爪を治せればどんなに手軽で楽だろうと思うのは私だけではないでしょう。

 

また、にごり爪について調べていくと、病院でにごり爪を治すのは多くの人にとっていろんな障害があることを知りました。

 

私の場合でいくと、
まず病院に通う時間がなかなか取れないという事情がありました。
また普段から常用している飲み薬があるという事情もありました。

 

病院での治療となれば飲み薬ということは分かったので、新たににごり爪用の飲み薬を増やすことはできれば避けたかったんですね。
大まかににごり爪の治療といえば、病院で治すか、自宅で治すかという選択肢になるわけですが、

 

この中で私が選択した方法が、通販の塗り薬で自宅でにごり爪を治す方法です。

にごり爪を自宅で自分で治す方法

今や何度も繰り返す足の裏の悩みもにごり爪も薬で完治する時代になりました。

 

そして皮膚科に行けば、にごり爪用の飲み薬や塗り薬を処方してもらえるので、安心感はあります。

 

先ほど書いたように、自分の場合は医者に行くのは正直ちょっと面倒だなという思いがありました。

 

費用も、10万円近くかかるとか聞きましたので、余計に病院に行く気は失せてしまいました。
それに他に飲んでいる薬もあり、飲み合わせの関係から新たに飲み薬を増やすことは避けたかったので、私の場合、

 

医者からの処方が必要な飲み薬という選択肢はなかったんです。

 

病院に行かず自分で治すのであれば、市販の外用薬(塗り薬)を使うか民間療法を試すということになります。

 

ドラックストアなどで販売されている市販の何度も繰り返す足の裏の悩み薬は主に塗り薬ですが、塗り薬であれば飲み薬のような副作用やほかの飲み薬との併用不可などの心配はあまりありません。

 

しかし、こうした市販の何度も繰り返す足の裏の悩み薬は、何度も繰り返す足の裏の悩みであれば直接幹部に塗布できて効果が期待できるのに比べ、にごり爪の場合は爪の下にある長年の悩みに効かせなければならないので、なかなか効果が期待できないことを知りました。

民間療法の効果は?

民間療法も、足を酢の入った桶(おけ)にしばらく浸しておくとか、

石灰を塗るとかあったのですが、これは明らかに眉唾もので信頼できませんでした。

 

昔、まだ子供だった頃、親戚のおじさんから

 

「何度も繰り返す足の裏の悩みなんて、酢を入れた桶に足を1時間ほど浸しておけば一発で治る。俺は実際にそれで治した!」
という話を聞いたことを覚えています。

 

今回、何度も繰り返す足の裏の悩みについてじっくり調べてみると、確かに多少の効果はあったかもしれませんが、病院で処方される飲み薬のほうが何千倍も効果があるってことがわかりました。

市販の塗り薬の実力は?

ちなみに、市販の塗り薬としては以下のようなものがあります。

 

ロート製薬「エクシブ」シリーズ 価格 15g/1600円
・商品のラインナップが豊富で、ジェルタイプから塗るタイプ、スプレータイプまで色々あります。

 

テルビナフィン塩酸塩の成分が含まれていて何度も繰り返す足の裏の悩み菌の細胞膜の成分であるエルゴステロールの合成を、 早い段階でブロックする働きがあるそうです。

 

にごり爪用は「メンソレータム エクシブ Wきわケアジェ ル」がありますが、口コミ情報ではあまり効果が期待できないという声もあるようですね。

 

大源製薬 何度も繰り返す足の裏の悩み薬エフゲン(30ml)2160円(税抜)
・エフゲンには、長年の悩みにアプローチするアプローチ成分としてサリチル酸を配合。さらに抗菌作用と角質を 柔軟にする作用があるウンデシレン酸も含まれています。

 

ただし、もともとは何度も繰り返す足の裏の悩み専用に開発された商品なので、残念ながら浸透性はあまり高くありません。

 

ですからエフゲンはアプローチ成分を浸透させるために、爪を削って塗った後にラップで包んで密閉するよう 推奨していますね。

 

金額はかなり安いと思いますが、毎日の作業がとても面倒かなと思います。
私なら続ける自信がありません。

 

Dr.G’sクリアネイル(18ml)4611円(税抜)
・Dr.G’sクリアネイルはアメリカ発のにごり爪対策用の塗り薬。アメリカでかなりの人気商品で類似品まで 出ているらしいです。

 

トルナフタートという成分が長年の悩みに強力に働きかけてくれます。さらに特許取 得の浸透技術によって固い爪にもしっかりと浸透します。

 

口コミでは、病院の塗り薬で治らなかったのが、Dr.G’sクリアネイルを使うようになってから爪がキレ イになってきた、などという声もあるくらいのので、にごり爪治療の効果は期待できそうですね。

当サイトでイチオシの塗り製品(ネイルジェル)

これまでネットでいろいろな商品を調べてにごり爪の本も購入して調べました。
すると今は、にごり爪専用に開発されたジェルが通販で発売されており、にごり爪の治療に効果があることを知りました。

 

それが、クリアネイルショットだったんです。

 

さっそく自分もネットで購入し、使用してみて正解だったのでよかったです。

 

今となっては、悩むことなく、さっさと使用すればよかったと思っています。

 

ドラッグストアなどで販売しておらず、CMなどの広告費もかけていないので一般的な知名度は低いですが、私はこのクリアネイルショットでにごり爪が完治しました。

 

ちなみに、ネットで調べてみると、にごり爪治療でこんな情報も知ることができました。

クリアネイルショットの効果は?

クリアネイルショットは、他の市販品と比べてなぜにごり爪に効果があるのでしょうか?
まず第一ににごり爪専用に開発された商品であることが大きいんです。

 

普通の何度も繰り返す足の裏の悩みなら、直接患部に塗るだけで薬剤が届きますが、にごり爪の場合は硬いタンパク質でできている爪の上に薬を塗っても効果が患部に届かないんですね。

 

ほかの市販品は何度も繰り返す足の裏の悩み用に開発されているので、そもそも爪に浸透させるという発想がありませんから、にごり爪に使ってみてもあまり効果がないんですね。

 

その点、クリアネイルショットは爪の特性に着目して開発されました。

 

爪の表面の膜は油に馴染みやすいという特性があり、薬剤の成分を油で包み込むことで薬剤の効果を爪の中に浸透させることに成功しているので、効果があるということなんです。

 

このジェルは硬い爪でも中までどんどん浸透し、にごり爪に有効な成分をきちんと届けてくれるのです。

 

クリアネイルショットには竹酢液という成分が配合されています。
この竹酢液という成分は爪を滑らかにしてくれる働きと、かゆみの元になるヒスタミンも抑えてくれます。

 

さらにアボカドオイルも配合されています。
このアボガドオイルは保湿効果が高く乾燥してボロボロになった爪を柔らかくし、保湿してくれる効果があります。

にごり爪が治ったと思っても安心しないで!

にごり爪は何度も繰り返す足の裏の悩みよりももっと治りにくいですし、爪が崩れたり欠けたりして指にあたるとかなり不快です。やったね
歩きづらくなったり靴下に引っかかったりするのもいやですが、
なんといっても見栄えが良くありませんね。

 

また、家族など身近な人にうつしてしまうかもしれません。

 

日本人は家では素足で生活することが多いので、家族から何度も繰り返す足の裏の悩みがうつってしまうことが多いです。
このようににごり爪は放っておくと、良いことは何もなくかえって被害を大きくしてしまいます。

 

寒い冬の時期は症状が緩むので、にごり爪が治ったように思えることもありますが、爪の裏には長年の悩みがまだびっしり張り付いているってこともあるようです。

 

完治を目指すためには治ったと思っても、根気よく治療を続けることが大切ですね!

 

何度も繰り返す足の裏の悩みは治らないと諦めている方も、治療を根気よく続ければ完治するということを知って希望を持ってほしいと思います。

爪の治療をしないと何度も繰り返す足の裏の悩みは治らない

一度爪に長年の悩みが棲みついてしまうとなかなか死滅することがありません。
にごり爪になった状態で爪を切ると、もし床などに飛び散った場合だと、なんと半年以上も生きているんですね。

 

長年の悩みの生命力はハンパないということです。
ですから、まずにごり爪は早めに治した方がいいです。

 

せっかく普通の何度も繰り返す足の裏の悩みは治ってもにごり爪が治らない限り他の皮膚にうつって何度も繰り返す足の裏の悩みも再発してしまうので、何度も繰り返す足の裏の悩みから解放されることはありません。

関連ページ

にごり爪の治療は今では自宅で可能?新時代に乗り遅れるな!
にごり爪は、これまでは不治の病とされてきましたが、それが変化しつつあるのをご存知でしょうか?爪水虫が治りにくいとされている理由から、現代での治し方についてこちらで検証しています。爪の異常に早く気付くことが大切です。
にごり爪の薬 飲み薬と塗り薬 どっちがいい?
にごり爪は難治といわれてきました。以前の薬は何年間も使用しなければ効果が期待できませんでしたが、今は強力な薬が開発されています。過去から現在の治療法を検証してみました。
にごり爪治療−【病院での値段はどれくらい?】
にごり爪になったときに病院での治療を考える方も多いでしょう。いったい、どれほどの値段が必要でしょうか。治療費について調べてみました。
にごり爪の再発防止策 再発の多い厄介な病気
にごり爪が再発してしまうという経験はありませんか?治ったとしても再発してがっかりしないために、再発防止策を行うことが重要です。再発防止のための方法について、白癬菌のついた靴は履かないようにするなどの具体案をまとめています。
にごり爪治療開始の最適な時期とは?
にごり爪の治療開始は冬が最適であり、始めるチャンスです。水虫の原因となっている白癬菌の好みや、活動を休止する時期について情報を集めました。一時的に治ったように感じることはあっても、継続して治療を続けることが大切になります。
にごり爪予防には毎日の習慣が大事
にごり爪予防のために、毎日行いたい習慣についてまとめています。爪水虫は治りにくい病気なので、発症させないことがもっとも大切であり簡単です。白癬菌の洗い方や、足に付かないためのポイント、その他注意したいことを知っておきましょう。
にごり爪の感染に要注意−意外な場所に感染源が
病院で利用できるスリッパや銭湯のバスマットなどは爪水虫になる確率が高くても危険です。公共の場で白癬菌が付いてしまうよくあるケースと、それらに注意するためのポイントをまとめています。爪水虫がうつらない工夫と、発症させない予防が必要なのです。
にごり爪は治らないと思い込んでいませんか【自宅で簡単に治す方法】
にごり爪はなかなか厄介な病気で不治の病と言われていましたが、今は自宅で簡単に治療できるた時代です。 身近であるけれど意外と知られていない爪水虫について調べてみました。
にごり爪は病院に行かないと治らないか?自宅でこっそり治す方法
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪で病院に治療に行くのが恥ずかしい場合は【簡単自宅療法】
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪を完治させるため専用に開発された塗り薬とは?
にごり爪を塗り薬で治したいと思ったら、爪水虫専用に開発された塗り薬で、自宅で簡単に完治を目指しましょう!
にごり爪を治す薬の副作用が怖い方
にごり爪の治療には飲み薬が最も効果的と言われていますが、副作用の心配がどうしても出てきます。副作用のない爪水虫の治し方について説明しています。
にごり爪に効く薬−おすすめの飲み薬・塗り薬は?
爪水虫を治す治療法として、飲み薬・塗り薬・レーザー治療があります。その中で副作用がなく、手軽に治せる治療法を紹介します。
にごり爪用の薬はドラッグストアで販売しているか?
結論からいいますとにごり爪の治療用にドラッグストアで販売されている薬や爪用ジェルはありません! でも今は、爪水虫専用に開発された商品が通販サイトから購入することが可能なんですね。
にごり爪になった20代、30代の女性が完治できる自宅治療法
若い女性でにごり爪になる方の割合が非常に増えています。若い20代、30代の女性で爪水虫の被害にあっている人が多いんですね。 でも、今は爪水虫専用のジェルが販売されています。
にごり爪になった若い女性がまず実践すべきことは?
若い女性にもにごり爪に悩まされる人が増えたのは、ブーツやパンプスなどの蒸れやすい靴を長時間履く人が増えたから。 爪水虫治療で薬を飲みたくないという女性も多いはずです。 私が病院には行かないで、爪水虫をなおした方法とは?
にごり爪を自宅で治す/市販品はどれがおススメ?
これまで市販されている塗り薬は、あくまで水虫に対して効果を発揮する薬というだけであって、にごり爪に効く市販の商品とは?
にごり爪に効く薬を薬局で探してみた
にごり爪の薬を塗って症状を軽くできないものかと、薬局で爪水虫の薬を物色してみました。 ですが水虫の薬というのはたくさんありますが、にごり爪に効く薬というのがよくわかりませんでした。そこでネットで検索してみると、爪水虫を退治してくれる爪用のジェルを見つけることができたのです。
にごり爪は市販薬で完治できるのか?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療にかかる期間−薬によって治る期間が違う
水虫の治療には、効果が大きい内服薬を使っても最低6か月はかかると言われています。通院が面倒になったり費用の負担も大きくなるので途中で治療を止めてしまう人も少なくありません。 自宅で治せるクリアネイルショットがおすすめです。
にごり爪治療で今話題-ヒットの理由とは?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。意外としつこい水虫や爪水虫。菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療にかかる費用−病院or自宅治療でどれだけ違う?
にごり爪が早く治る治療法があるとしても、払える金額なのか、とりあえず調べるしかありません。 病院に行くのと自力で治療するのとでは、どれくらいの差が出るのかも知っておきたいところです。
にごり爪の治療 飲み薬と塗り薬/あなたに合った治療法は?
一般的な足水虫よりも治療が困難なにごり爪は、これまでは皮膚科での治療で行うのが基本。 皮膚科では、飲み薬と塗り薬での治療が中心です。より効果が高いのが飲み薬で、爪水虫であると診断されたらまず飲み薬が薦められます。 効果が高い分、副作用も強いですから、飲み薬が処方できない人もいます。 初期の段階だったり飲み薬が利用出来ない場合には、塗り薬が処方されます。
にごり爪の治療方法 オールガイド
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療は本当に病院が一番なの?
普通の水虫よりも爪に出来る爪水虫は治療も厄介なので、これまでは病院で治療が必要でした。 しかし、最近では良い市販薬が発売されているので、必ずしも病院に行かなくても治療はできるようになっています。
にごり爪専用の商品−おすすめは?【最も早く完治するために】
にごり爪には専用の塗り薬があります。間違っても水虫用の塗り薬を代用してはいけません。最も早く完治するためにおすすめの塗り薬を紹介します。
妊婦ににごり爪治療の商品は大丈夫?副作用は?
今でもにごり爪の内服薬は妊婦さんの使用は禁止されています。しかし、最近では病院に行かなくても市販の塗り薬が発売されています。 足水虫用の塗り薬は以前からたくさんありましたが、爪水虫に特化した塗り薬はこれまでありませんでした。
市販されているにごり爪用ジェルの実力は?
市販されているにごり爪用ジェルの実際の実力は? 皮膚科に行けば高い殺菌効果を持つ外用薬を処方してもらえますが副作用が怖いですね。何とか市販薬で治療したいところです。 市販の塗り薬となれば、やはりどうしても病院で処方される外用薬よりは効果は劣るかも知れません。 しかし何より、手軽に使用できるのが魅力です。
にごり爪のジェルで実際に効果があった体験
にごり爪は、通常の水虫と同様にそのまま放置していても治りません。 実際に爪水虫になった私が市販の塗り薬で治療をした体験談をご紹介します。
にごり爪になった女性が治療する一番の方法とは?
女性の場合、にごり爪や水虫の治療で皮膚科に行くこと自体に抵抗がある人も多いはずです。これまでは爪水虫の治療薬は皮膚科でしか処方してもらえなかったのですが、実は最近では爪水虫専用の市販の治療薬やケア商品が発売されています
にごり爪の女性が自分で治すと決断し取った行動とは?
営業職で活躍していたある女性は、足の爪に異変が起きているのに気付いたのです。 ネットや書物で調べて、にごり爪の存在を知り、自分がそうかもしれないと知って茫然としたそうです。 そして市販の薬では治すのは難しいと知り、やむを得ず皮膚科に行く決意をしました。 ところが、血液検査の結果、飲み薬が服用できないことが分かりました。
にごり爪の女性でも自力で自宅で簡単に治す方法とは?
まさか爪に水虫?と思われるかも知れませんが、水虫菌は爪の下にまで広がり爪をボロボロにしてしまいます。 若い女性でもにごり爪は出来ますから、爪がおかしいなと思ったらクリアネイルショットで治してくださいね。
にごり爪に効くといわれるエフゲンの効果や実力を検証
エフゲンは、大源製薬という製薬会社から発売されている水虫とにごり爪対策用の第二医薬品です。爪を軟化させて成分を浸透させ、さらに剥がして抗菌するというダブルの作用があります。
にごり爪のエフゲンで完治はできるのか?
エフゲンは製薬メーカーが開発した水虫対策の第二類医薬品。にごり爪にも効くといわれています。塗り薬なので、皮膚科で処方される内服薬のような副作用もありません。果たしてエフゲンで爪水虫は完治できるのか?
にごり爪治療商品 エフゲンで治った 口コミをチェック
皮膚内部の水虫菌まで除菌、殺菌する作用があるので、水虫を徹底的に治すことが出来るのです。 ただ爪水虫を治療しようと思ったら少し面倒です。
にごり爪用塗り薬 Dr.G'sクリアネイルの実力は?
にごり爪治療に効く塗り薬としてアメリカで人気ナンバーワンと言われるDr.G's クリアネイルやその他の治療薬の実力について調べてみました。
Dr.G'sクリアネイルは本当に効かないの 口コミは?
爪水虫になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
Dr.G'sクリアネイルがにごり爪に効果があるのか調べてみた
Dr.G'sクリアネイルの特徴、口コミ情報の良い評価、悪い評価をまとめてみました。
ラミシールはにごり爪に効かないって本当?副作用や口コミは?
ラミシールには、水虫やにごり爪の原因となっている白癬菌にアプローチする成分が配合された水虫治療薬です。ラミシールの飲み薬はドラッグストアでは市販されておらず、皮膚科で医師の処方箋がないと購入できないことになっています。ラミシールのクリームは爪への浸透性がよくないので、事前に爪を削ると良いと言われています。
にごり爪を自力で治す!自宅治療で簡単に実践できた方法とは?【最新情報】
2年前40才になったばかりの頃にとうとう水虫になってしまいました。さらににごり爪にまで。水虫治療薬はたくさんありますがにごり爪専用の市販薬はなかなかありません。 ですがクリアネイルショットは、ネット通販からでも購入できる爪水虫専用の外用薬でした。
にごり爪を自宅で簡単に治療した体験談
にごり爪になりボロボロなった爪を自宅でどのように治療していったのか? 私の体験談をご紹介します。(^o^)
にごり爪に効く医薬品って?【にごり爪治療の最前線】
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪を早く治すために私が実践した最新の方法とは?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪に民間療法は本当に効くの?色々ある民間療法を調べました!
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪が早く治ると評判のパルス療法とは?費用は?
パルス療法とは、飲み薬を飲む期間と飲まない期間を作る治療法です。 身体の負担が軽くなると同時に、連続服用法よりも治療期間が半分になります。 連続服用法だと6か月かかる治療期間が、パルス療法なら半分の3か月で終わります。 気になる費用ですが1か月のお薬代金がおよそ1万円で、これが3か月分なので合計で3万円ちょっとが目安です。
にごり爪治療で使われる最新薬の実力は?
にごり爪の治療ではこれまでイトリゾールやラミシールといった飲み薬が使われるのが一般的でした。その後、爪水虫の塗り薬、クレナフィン、2016年にはルコナックという爪水虫専用の塗り薬が発売。 そんな中、私がネットで見つけたのは爪水虫専用のジェル、クリアネイルショットです。
にごり爪を飲み薬で治す!通販で売ってるの?その値段は?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪って普通の水虫薬で治せるものなんですか?
一番楽なのが市販の普通の水虫薬で治せられればいいですよね。 これまでの市販の塗り薬だと、どれだけ爪に塗っても、にごり爪はほぼ治らないと思った方がいいです。 でも、新しい商品がネット限定で発売されて人気になっています。
にごり爪治療で飲み薬が妊娠女性に悪い件
爪水虫に効く飲み薬は副作用があるので妊婦さんも飲めません。 妊娠中の女性はもちろん、長く継続的に飲む必要があるので妊娠を希望している女性も飲めません。 ではどうしたらよいでしょうか?
にごり爪を治すには医者にかかるのが一番って本当なの?
これまでにごり爪を治すためには、市販の薬がなかったので必ず医者にかからないといけませんでした。 しかし最近は爪水虫を治すためにもう一つ選択肢があります。
にごり爪対策【面倒な治療は卒業しませんか?】
私も40歳を過ぎた頃ににごり爪になったのですが、その時に爪水虫の治療がとても面倒なことを知り愕然としました。 病院で治療する場合には、内服薬での治療が主ですが外用薬だけで治療する場合もあります。 実は最近になって、爪水虫対策に開発されたジェルが通販で販売されています。
にごり爪を治す意外な対処法とは?40代おっさんの治療体験記
なかなか治りにくいと言われるにごり爪ですが、私は意外な方法で治すことが出来たのです。私の対処法は少し前まではまず考えられないことでした。 実は、最近になってとても良いジェルが開発されているのです。
通販で買えるにごり爪治療商品 自宅で簡単塗るだけ 1か月で効果がわかる!
にごり爪になると治すのがとても大変で、副作用のある内服薬を飲まないといけないと言われています。 実は内服薬を飲まなくても、通販で買える水虫治療薬で治すことが出来ます。
にごり爪ってほっておいたら一生治りません!【最新のにごり爪の治り方】
費用や手間、時間もかかるにごり爪の治療ですが、実は最新のにごり爪の治り方はもっと簡単になっています。
40代のおっさんが自宅でにごり爪が治るまでの体験談
40代になってにごり爪になった私がどのようにして治していったかの体験談をご紹介します。
にごり爪によく効く商品|【飲み薬編】と【塗り薬編】
にごり爪の治療は主に飲み薬で行われていますが、一般的なのはラシミールとイトリゾールです。 これまで市販の水虫薬は爪水虫を治療するための市販の商品がありませんでしたが、爪水虫治療に特化したクリアネイルショットという商品が通販で発売されて注目されています。
にごり爪を自宅で簡単に治す最新治療法
これまでも足の水虫専用の市販薬はありましたが、爪水虫専用の市販薬はありませんでした。 しかし最近、爪水虫対策のジェルが通販で開発され、通販で購入出来ます。 これを使用すれば、自宅でも爪水虫を治すことが可能になります。
足の爪ケア術の方法−美しい爪を取り戻せ!
足の爪が何だかおかしいな、と思った時のケアの方法を紹介します。 爪の色が白く濁っているようなら爪水虫になっている可能性が高く、すぐにケアをしないとどんどん悪化していきます。 今は自宅でケア出来るクリアネイルショットが発売されています。 硬い爪にも浸透するジェルで、有効成分が爪の奥にまでしっかりと届き白癬菌を撃退してくれます。