MENU

にごり爪になった女性が自宅で簡単に治療できる方法とは?

何度も繰り返す足の裏の悩みと言えば中高年の男性特有の皮膚病のイメージが強いですが、最近では若い女性でも何度も繰り返す足の裏の悩みで悩む人が増えています。

 

この何度も繰り返す足の裏の悩みよりも厄介なのがにごり爪で、何度も繰り返す足の裏の悩みからにごり爪になってしまう人もたくさんいるのです。

 

困った顔

しかし、そもそもにごり爪という存在自体を知らない方も多いみたいです。実際に自分もにごり爪になってから調べていくうちに、初めてにごり爪という存在を知りました(^^;)

 

病院で何度も繰り返す足の裏の悩みの治療にやってきた患者の方に、お医者さんが爪の変形を見つけてにごり爪であることをその患者さんに指摘しても、

  • 自分の爪は何度も繰り返す足の裏の悩みじゃない。若いころに履いていた登山靴が合わなかっただけだ」とか、
  • 爪に何度も繰り返す足の裏の悩みができるなんて初めて聞いた

という反応がいまだに多いみたいですね。

 

また、女性の場合も特に受診をためらう人が多いかなと思います。
どうしても、見た目が悪いので他人に見せるのは恥ずかしいですし、まさか自分がにごり爪になるなんて、と思っている人がほとんどでしょう。

 

特に女性であれば何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪なんて他人事と思っている人がこれまで大半だったかと思います。

 

しかし、今や何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪は中高年男性だけの悩みではなくなってきて、特に若い女性に増えてきている悩ましい病気なんですね。
若い女性に何度も繰り返す足の裏の悩みが増えているのは、女性の社会進出と少なからず関係があるといわれます。

ブーツ

 

働いている女性の中には、朝から夜まで長時間、仕事中はずっと通気性が悪く蒸れやすいストッキングやパンプスを履いています。

 

冬でも暖房が効いた部屋で長時間、ストッキングなどを身につけたまま過ごしてれば、夏と変わらず足は蒸れてしまうでしょう。

 

このようなことから足環境は最悪で、不潔にしていなくても何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪になってしまう可能性が若い女性には高いわけです。

 

統計によると、日本人の5人に1人は何度も繰り返す足の裏の悩みにかかっていて、さらにその半分はにごり爪にかかっていると言われているので、日本人の5人に1人はにごり爪にかかっている計算になります。

 

女性の場合はにごり爪にかかっている方が増えているわけですから、もしかしたらそれ以上の確率かもしれません。

にごり爪になった女性が治療する方法とは?

そんなにごり爪ですが、しっかり治すには病院の皮膚科で治療することが一番と言われています。

 

昔は何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪になる原因自体がわかっていなかったので、そもそもそれを治す薬自体も存在しなかったのですが、いまはにごり爪になる原因もそれを治すいくつかの治療の方法も分かっているので、どんな治療をするか選ぶこともできる時代になってきているんですね。

 

専門の病院に行くと、まず本当に何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪なのかを検査します。専門家でも目視だけでは何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪かどうかは判断できないそうですから、目視だけで診断するような病院や医者はダメなんです。

 

似たような別の病気の場合が結構あるので、見ただけでは正確に診断できないんです。
あなたが行った病院が、もしも「見ただけ診断の病院」だったら、二度と行かない方がいいですね。

 

ちゃんとした病院では、しっかり顕微鏡検査をして長年の悩みかどうか調べることから始めます。
そして、検査の結果、間違いなくにごり爪と診断されたら、今度は治療に入るわけですが、病院での治療の基本となるのが内服薬(飲み薬)での治療です。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みなら皮膚に直接患部に薬を塗ることができるので塗り薬(外用薬)が使えますが、にごり爪の場合は爪の上から塗り薬(外用薬)を塗っても硬い爪でブロックされてしまって、爪の中や爪の下に入り込んだ長年の悩みに、あまり薬の効果が届かないんですね。

 

ですから、体の内側から薬の効果を患部に届けることができる内服薬が使われるというわけです。

 

今はにごり爪に強力に効く飲み薬があるので、飲み薬なら3カ月の服用でにごり爪の症状がかなり改善するといわれています。
(ちなみに何度も繰り返す足の裏の悩みなら1か月で完治可能らしいです)

 

皮膚科に行かずそのまま放置していても、症状が広がったりひどくなるばかりです。
治療開始が長引けば長引くほど症状が重くなって治療期間も長くなりますし、なにより周りの家族に長年の悩みをばら撒いてうつす可能性も出てきます。

 

こういうケースでは塗り薬での治療になるんでしょうが、塗り薬はこれまで書いたように治療効果がなかなか期待できない面があるんですね。
特に市販の塗り薬は何度も繰り返す足の裏の悩み用に開発されているものばかりなので、にごり爪にはほぼ無力の存在でした。

 

このように、にごり爪は身近な存在ではあるけれども意外に厄介な存在だったんです。

そもそも何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪になる原因って?

何度も繰り返す足の裏の悩みの正体は長年の悩み(はくせんきん)という菌(カビの一種)です。
長年の悩みによって症状が出ていた状態を白癬といいます。

 

体の部位によって名称が違うのですが、頭にできれば「頭部白癬(しらくも)」、股間にできれば「股部白癬(いんきんたむし)」、など体の部位によって呼び方は違ってきます。足に何度も繰り返す足の裏の悩みができた場合が「足白癬(あしはくせん)」、爪に何度も繰り返す足の裏の悩みができれば「爪白癬(つめはくせん)」ですね。

 

長年の悩みは、人間に病気を引き起こす細菌やウイルスなどと違って、生きている細胞の中には侵入できません。つまり、
長年の悩みはなんと死んだ細胞の中でしか活動できないんです!

 

この点が他の菌とは違う長年の悩み特有の大きな特徴です。
では、人間の体のうち、死んだ細胞なんてどこにあるの?っていうと、これがあるんですね!

 

それは、表皮の一番外側にある、角質層(かくしつそう)・爪・毛です。

 

爪や毛は、角質層が分化したものなんで、爪も毛もけっきょく角質層の仲間みたいなもんですが、
この角質層は、ケラチンという硬いタンパク質の詰まった角質細胞が層状に重なり合ってできています。

 

角質層があることで、体の外部から皮膚の中に勝手に異物(細菌など)が入り込まないように体をブロックしてくれているんですね。そう考えると、角質層って結構いい仕事してくれています。

 

でも、長年の悩みはケラチンを分解するケラチナーゼという特殊な酵素を使って角質層のケラチンを栄養源にして棲みつくことができるんです!足の裏などは特に角質層が分厚い箇所で、足は長年の悩みにとって絶好の棲家(すみか)となります。

長年の悩みの悩み

角質層の古くなった細胞は下から新しい細胞ができるごとに「アカ」となって剥がれ落ちます。
ですから、何度も繰り返す足の裏の悩みになった人の足からは、長年の悩みの含まれたアカが周辺に巻き散らかされます。

 

巻き散らかれた時に、多くの長年の悩みはアカから離れて裸のまま存在していますが、裸のままの長年の悩みは空気中では短時間で死んでしまいます。
でも、一部、アカの中に潜んで十分な湿度と温度がある環境の場合には、アカを栄養源に何か月も、場合によっては1年以上のその状態で生き延びることができるんです。

 

それが長年の悩みが他人にも悩みしやすい原因なんです。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みになってしまうのは、多汗症などの体質の問題や足指の間が狭いといったその人特有の足の形などの問題もあります。
しかしそれよりも、革靴やパンプスなどの締め付けるような靴を長時間履いていることや、ストッキングや靴下を履くことによる蒸れが影響しています。

 

入浴が丁寧でないなどの衛生的な問題や、家族からの悩みもあるでしょう。

 

足の指と指の間に出来る通常の足何度も繰り返す足の裏の悩みなら、塗り薬を正しく塗っていけば、比較的自宅でも簡単に短期間で治療することも可能です。

 

かゆみや痛みがひどく、症状が悪化しているようなら皮膚科に行かなければいけないかも知れませんが、基本、市販の治療薬でも改善が期待出来ます。

 

しかし、厄介なのがにごり爪です。
皮膚に出来る何度も繰り返す足の裏の悩みからにごり爪になる人も多く、もちろんいきなりにごり爪になる人もいます。

 

原因は何度も繰り返す足の裏の悩みと同様、足の蒸れが要因となっています。
ですから中高年の男性ばかりだけでなく、女性でも悩まされている人が増えています。

 

治療のためには、ケラチンで出来た固い爪にアプローチ成分を浸透させる必要があります。
ですからこれまでのにごり爪の治療では外用薬での治療ではあまり効果が期待出来ず、内服薬を使った治療が基本だったのです。

にごり爪を自宅で女性が簡単に治す方法

しかし、最近では状況が変わってきました。

 

いくつか人気の市販薬やケア商品が発売されていますが、特におすすめなのはクリアネイルショットですね。
自分も実際に使ってみてにごり爪に効果があるんだということを実感できました。

男性

 

これまで何度も繰り返す足の裏の悩み専用の治療薬がたくさん市販されていたのに、にごり爪専用の商品がなかったのは爪へ浸透させることが難しかったからですが、このクリアネイルショットは浸透力を高めて、爪の上から塗っても爪の中に浸透していって患部に届く特性を持っています。

 

これはベストセラーの健康食品などをたくさん手掛けている北の達人コーポレーションから発売している爪のケア商品で、学会誌にもこの商品に関する論文が掲載されたくらいの商品です。

 

爪への浸透性に特化した商品で、長年の悩みにアプローチしてくれるアプローチ成分もばっちり配合されています。

 

クリアネイルショットはネット通販専用の商品なので、店頭に買いに行く必要もありません。
パソコンから注文すれば、宅配業者が自宅まで届けてくれます。

 

配送されてくる際の伝票にも品名はボディクリームとなっているので、家族にすら知られたくない人でも安心です。
サラリーマンでもネットから購入できるのは本当に助かりますね。

 

女性は特に夏になれば素足でサンダルを履いたりネイルをしたりと、足のお手入れも欠かせないかと思います。
白濁したり黄色く変色したままの爪では、とても足先のおしゃれも楽しめないかと思います。

 

自宅でも気軽ににごり爪の治療が出来るので悪化しないうちにケアをはじめて下さいね。

関連ページ

にごり爪の治療は今では自宅で可能?新時代に乗り遅れるな!
にごり爪は、これまでは不治の病とされてきましたが、それが変化しつつあるのをご存知でしょうか?爪水虫が治りにくいとされている理由から、現代での治し方についてこちらで検証しています。爪の異常に早く気付くことが大切です。
にごり爪の薬 飲み薬と塗り薬 どっちがいい?
にごり爪は難治といわれてきました。以前の薬は何年間も使用しなければ効果が期待できませんでしたが、今は強力な薬が開発されています。過去から現在の治療法を検証してみました。
にごり爪治療−【病院での値段はどれくらい?】
にごり爪になったときに病院での治療を考える方も多いでしょう。いったい、どれほどの値段が必要でしょうか。治療費について調べてみました。
にごり爪の再発防止策 再発の多い厄介な病気
にごり爪が再発してしまうという経験はありませんか?治ったとしても再発してがっかりしないために、再発防止策を行うことが重要です。再発防止のための方法について、白癬菌のついた靴は履かないようにするなどの具体案をまとめています。
にごり爪治療開始の最適な時期とは?
にごり爪の治療開始は冬が最適であり、始めるチャンスです。水虫の原因となっている白癬菌の好みや、活動を休止する時期について情報を集めました。一時的に治ったように感じることはあっても、継続して治療を続けることが大切になります。
にごり爪予防には毎日の習慣が大事
にごり爪予防のために、毎日行いたい習慣についてまとめています。爪水虫は治りにくい病気なので、発症させないことがもっとも大切であり簡単です。白癬菌の洗い方や、足に付かないためのポイント、その他注意したいことを知っておきましょう。
にごり爪の感染に要注意−意外な場所に感染源が
病院で利用できるスリッパや銭湯のバスマットなどは爪水虫になる確率が高くても危険です。公共の場で白癬菌が付いてしまうよくあるケースと、それらに注意するためのポイントをまとめています。爪水虫がうつらない工夫と、発症させない予防が必要なのです。
にごり爪は治らないと思い込んでいませんか【自宅で簡単に治す方法】
にごり爪はなかなか厄介な病気で不治の病と言われていましたが、今は自宅で簡単に治療できるた時代です。 身近であるけれど意外と知られていない爪水虫について調べてみました。
にごり爪は病院に行かないと治らないか?自宅でこっそり治す方法
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪で病院に治療に行くのが恥ずかしい場合は【簡単自宅療法】
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪を自分で治すには?【自宅でこっそり治した方法とは】
にごり爪は今や自宅で自力で治す時代になりました。皮膚科で治すことができますが、病院での治療は飲み薬が中心。市販のこれまでの塗り薬は効果が弱かったため、治療に時間がかかっていました。今は強力な爪水虫専用の塗り薬が開発され通販で手軽に購入できます。
にごり爪を完治させるため専用に開発された塗り薬とは?
にごり爪を塗り薬で治したいと思ったら、爪水虫専用に開発された塗り薬で、自宅で簡単に完治を目指しましょう!
にごり爪を治す薬の副作用が怖い方
にごり爪の治療には飲み薬が最も効果的と言われていますが、副作用の心配がどうしても出てきます。副作用のない爪水虫の治し方について説明しています。
にごり爪に効く薬−おすすめの飲み薬・塗り薬は?
爪水虫を治す治療法として、飲み薬・塗り薬・レーザー治療があります。その中で副作用がなく、手軽に治せる治療法を紹介します。
にごり爪用の薬はドラッグストアで販売しているか?
結論からいいますとにごり爪の治療用にドラッグストアで販売されている薬や爪用ジェルはありません! でも今は、爪水虫専用に開発された商品が通販サイトから購入することが可能なんですね。
にごり爪になった20代、30代の女性が完治できる自宅治療法
若い女性でにごり爪になる方の割合が非常に増えています。若い20代、30代の女性で爪水虫の被害にあっている人が多いんですね。 でも、今は爪水虫専用のジェルが販売されています。
にごり爪になった若い女性がまず実践すべきことは?
若い女性にもにごり爪に悩まされる人が増えたのは、ブーツやパンプスなどの蒸れやすい靴を長時間履く人が増えたから。 爪水虫治療で薬を飲みたくないという女性も多いはずです。 私が病院には行かないで、爪水虫をなおした方法とは?
にごり爪を自宅で治す/市販品はどれがおススメ?
これまで市販されている塗り薬は、あくまで水虫に対して効果を発揮する薬というだけであって、にごり爪に効く市販の商品とは?
にごり爪に効く薬を薬局で探してみた
にごり爪の薬を塗って症状を軽くできないものかと、薬局で爪水虫の薬を物色してみました。 ですが水虫の薬というのはたくさんありますが、にごり爪に効く薬というのがよくわかりませんでした。そこでネットで検索してみると、爪水虫を退治してくれる爪用のジェルを見つけることができたのです。
にごり爪は市販薬で完治できるのか?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療にかかる期間−薬によって治る期間が違う
水虫の治療には、効果が大きい内服薬を使っても最低6か月はかかると言われています。通院が面倒になったり費用の負担も大きくなるので途中で治療を止めてしまう人も少なくありません。 自宅で治せるクリアネイルショットがおすすめです。
にごり爪治療で今話題-ヒットの理由とは?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。意外としつこい水虫や爪水虫。菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療にかかる費用−病院or自宅治療でどれだけ違う?
にごり爪が早く治る治療法があるとしても、払える金額なのか、とりあえず調べるしかありません。 病院に行くのと自力で治療するのとでは、どれくらいの差が出るのかも知っておきたいところです。
にごり爪の治療 飲み薬と塗り薬/あなたに合った治療法は?
一般的な足水虫よりも治療が困難なにごり爪は、これまでは皮膚科での治療で行うのが基本。 皮膚科では、飲み薬と塗り薬での治療が中心です。より効果が高いのが飲み薬で、爪水虫であると診断されたらまず飲み薬が薦められます。 効果が高い分、副作用も強いですから、飲み薬が処方できない人もいます。 初期の段階だったり飲み薬が利用出来ない場合には、塗り薬が処方されます。
にごり爪の治療方法 オールガイド
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療は本当に病院が一番なの?
普通の水虫よりも爪に出来る爪水虫は治療も厄介なので、これまでは病院で治療が必要でした。 しかし、最近では良い市販薬が発売されているので、必ずしも病院に行かなくても治療はできるようになっています。
にごり爪専用の商品−おすすめは?【最も早く完治するために】
にごり爪には専用の塗り薬があります。間違っても水虫用の塗り薬を代用してはいけません。最も早く完治するためにおすすめの塗り薬を紹介します。
妊婦ににごり爪治療の商品は大丈夫?副作用は?
今でもにごり爪の内服薬は妊婦さんの使用は禁止されています。しかし、最近では病院に行かなくても市販の塗り薬が発売されています。 足水虫用の塗り薬は以前からたくさんありましたが、爪水虫に特化した塗り薬はこれまでありませんでした。
市販されているにごり爪用ジェルの実力は?
市販されているにごり爪用ジェルの実際の実力は? 皮膚科に行けば高い殺菌効果を持つ外用薬を処方してもらえますが副作用が怖いですね。何とか市販薬で治療したいところです。 市販の塗り薬となれば、やはりどうしても病院で処方される外用薬よりは効果は劣るかも知れません。 しかし何より、手軽に使用できるのが魅力です。
にごり爪のジェルで実際に効果があった体験
にごり爪は、通常の水虫と同様にそのまま放置していても治りません。 実際に爪水虫になった私が市販の塗り薬で治療をした体験談をご紹介します。
にごり爪の女性が自分で治すと決断し取った行動とは?
営業職で活躍していたある女性は、足の爪に異変が起きているのに気付いたのです。 ネットや書物で調べて、にごり爪の存在を知り、自分がそうかもしれないと知って茫然としたそうです。 そして市販の薬では治すのは難しいと知り、やむを得ず皮膚科に行く決意をしました。 ところが、血液検査の結果、飲み薬が服用できないことが分かりました。
にごり爪の女性でも自力で自宅で簡単に治す方法とは?
まさか爪に水虫?と思われるかも知れませんが、水虫菌は爪の下にまで広がり爪をボロボロにしてしまいます。 若い女性でもにごり爪は出来ますから、爪がおかしいなと思ったらクリアネイルショットで治してくださいね。
にごり爪に効くといわれるエフゲンの効果や実力を検証
エフゲンは、大源製薬という製薬会社から発売されている水虫とにごり爪対策用の第二医薬品です。爪を軟化させて成分を浸透させ、さらに剥がして抗菌するというダブルの作用があります。
にごり爪のエフゲンで完治はできるのか?
エフゲンは製薬メーカーが開発した水虫対策の第二類医薬品。にごり爪にも効くといわれています。塗り薬なので、皮膚科で処方される内服薬のような副作用もありません。果たしてエフゲンで爪水虫は完治できるのか?
にごり爪治療商品 エフゲンで治った 口コミをチェック
皮膚内部の水虫菌まで除菌、殺菌する作用があるので、水虫を徹底的に治すことが出来るのです。 ただ爪水虫を治療しようと思ったら少し面倒です。
にごり爪用塗り薬 Dr.G'sクリアネイルの実力は?
にごり爪治療に効く塗り薬としてアメリカで人気ナンバーワンと言われるDr.G's クリアネイルやその他の治療薬の実力について調べてみました。
Dr.G'sクリアネイルは本当に効かないの 口コミは?
爪水虫になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
Dr.G'sクリアネイルがにごり爪に効果があるのか調べてみた
Dr.G'sクリアネイルの特徴、口コミ情報の良い評価、悪い評価をまとめてみました。
ラミシールはにごり爪に効かないって本当?副作用や口コミは?
ラミシールには、水虫やにごり爪の原因となっている白癬菌にアプローチする成分が配合された水虫治療薬です。ラミシールの飲み薬はドラッグストアでは市販されておらず、皮膚科で医師の処方箋がないと購入できないことになっています。ラミシールのクリームは爪への浸透性がよくないので、事前に爪を削ると良いと言われています。
にごり爪を自力で治す!自宅治療で簡単に実践できた方法とは?【最新情報】
2年前40才になったばかりの頃にとうとう水虫になってしまいました。さらににごり爪にまで。水虫治療薬はたくさんありますがにごり爪専用の市販薬はなかなかありません。 ですがクリアネイルショットは、ネット通販からでも購入できる爪水虫専用の外用薬でした。
にごり爪を自宅で簡単に治療した体験談
にごり爪になりボロボロなった爪を自宅でどのように治療していったのか? 私の体験談をご紹介します。(^o^)
にごり爪に効く医薬品って?【にごり爪治療の最前線】
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪を早く治すために私が実践した最新の方法とは?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪に民間療法は本当に効くの?色々ある民間療法を調べました!
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪が早く治ると評判のパルス療法とは?費用は?
パルス療法とは、飲み薬を飲む期間と飲まない期間を作る治療法です。 身体の負担が軽くなると同時に、連続服用法よりも治療期間が半分になります。 連続服用法だと6か月かかる治療期間が、パルス療法なら半分の3か月で終わります。 気になる費用ですが1か月のお薬代金がおよそ1万円で、これが3か月分なので合計で3万円ちょっとが目安です。
にごり爪治療で使われる最新薬の実力は?
にごり爪の治療ではこれまでイトリゾールやラミシールといった飲み薬が使われるのが一般的でした。その後、爪水虫の塗り薬、クレナフィン、2016年にはルコナックという爪水虫専用の塗り薬が発売。 そんな中、私がネットで見つけたのは爪水虫専用のジェル、クリアネイルショットです。
にごり爪を飲み薬で治す!通販で売ってるの?その値段は?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪って普通の水虫薬で治せるものなんですか?
一番楽なのが市販の普通の水虫薬で治せられればいいですよね。 これまでの市販の塗り薬だと、どれだけ爪に塗っても、にごり爪はほぼ治らないと思った方がいいです。 でも、新しい商品がネット限定で発売されて人気になっています。
にごり爪治療で飲み薬が妊娠女性に悪い件
爪水虫に効く飲み薬は副作用があるので妊婦さんも飲めません。 妊娠中の女性はもちろん、長く継続的に飲む必要があるので妊娠を希望している女性も飲めません。 ではどうしたらよいでしょうか?
にごり爪を治すには医者にかかるのが一番って本当なの?
これまでにごり爪を治すためには、市販の薬がなかったので必ず医者にかからないといけませんでした。 しかし最近は爪水虫を治すためにもう一つ選択肢があります。
にごり爪対策【面倒な治療は卒業しませんか?】
私も40歳を過ぎた頃ににごり爪になったのですが、その時に爪水虫の治療がとても面倒なことを知り愕然としました。 病院で治療する場合には、内服薬での治療が主ですが外用薬だけで治療する場合もあります。 実は最近になって、爪水虫対策に開発されたジェルが通販で販売されています。
にごり爪を治す意外な対処法とは?40代おっさんの治療体験記
なかなか治りにくいと言われるにごり爪ですが、私は意外な方法で治すことが出来たのです。私の対処法は少し前まではまず考えられないことでした。 実は、最近になってとても良いジェルが開発されているのです。
通販で買えるにごり爪治療商品 自宅で簡単塗るだけ 1か月で効果がわかる!
にごり爪になると治すのがとても大変で、副作用のある内服薬を飲まないといけないと言われています。 実は内服薬を飲まなくても、通販で買える水虫治療薬で治すことが出来ます。
にごり爪ってほっておいたら一生治りません!【最新のにごり爪の治り方】
費用や手間、時間もかかるにごり爪の治療ですが、実は最新のにごり爪の治り方はもっと簡単になっています。
40代のおっさんが自宅でにごり爪が治るまでの体験談
40代になってにごり爪になった私がどのようにして治していったかの体験談をご紹介します。
にごり爪によく効く商品|【飲み薬編】と【塗り薬編】
にごり爪の治療は主に飲み薬で行われていますが、一般的なのはラシミールとイトリゾールです。 これまで市販の水虫薬は爪水虫を治療するための市販の商品がありませんでしたが、爪水虫治療に特化したクリアネイルショットという商品が通販で発売されて注目されています。
にごり爪を自宅で簡単に治す最新治療法
これまでも足の水虫専用の市販薬はありましたが、爪水虫専用の市販薬はありませんでした。 しかし最近、爪水虫対策のジェルが通販で開発され、通販で購入出来ます。 これを使用すれば、自宅でも爪水虫を治すことが可能になります。
足の爪ケア術の方法−美しい爪を取り戻せ!
足の爪が何だかおかしいな、と思った時のケアの方法を紹介します。 爪の色が白く濁っているようなら爪水虫になっている可能性が高く、すぐにケアをしないとどんどん悪化していきます。 今は自宅でケア出来るクリアネイルショットが発売されています。 硬い爪にも浸透するジェルで、有効成分が爪の奥にまでしっかりと届き白癬菌を撃退してくれます。