MENU

にごり爪の治療薬/過去現在の変遷

にごり爪の病院での治療としては、以前から飲み薬が中心でした。

 

塗り薬だと、爪にブロックされてしまって爪の下にある長年の悩みに薬の成分が届きにくいという面があったので、飲み薬で体の内側から患部に届かせるという手法が効果的だったんですね。

 

ちょっと難しい専門的な話になりますが、にごり爪に効果がある飲み薬ですが、にごり爪治療に使用されていた飲み薬は、1990年代後半までは約40年間にわたり、グリセオフリゲンという薬だけだったそうです。

 

この薬は、効果が出るまでにかなりの時間が必要であるうえに、長年の悩みを殺傷する力がなく(ナント!)菌の成長を抑えるという効果しかなかったんです。

 

治るには治るのですが、1〜2年の使用が必要で、しかも1日3〜4錠を2〜3回に分けて飲み続けなければならなったんです。
途中で治療をあきらめる人も多かったみたいですが、当然でしょうね。

 

そんな薬を飲み続けるなんて、よっぽどの忍耐力のある人でないと無理でしょう。

新しい飲み薬の登場

1997年にテルビナフィン、1999年にイトラコナゾールがにごり爪治療で使われるようになり、
にごり爪治療が劇的に進化します。

 

この2つの錠剤は、1日1回の服用でOKで、なんといっても長年の悩みを殺傷できる力があります(ソウジャナイトネ!)

 

さらに、皮膚の角質層や爪の中に素早く浸透して、一旦浸透すると長期間そこに留まる性質があるので、服用を止めた後でも患部で引き続き薬の効力が持続してくれます。

 

具体的なイメージとしては、

服用後24時間で皮膚の角質に薬の成分が到達し、7日後に爪の先端に到達します。

 

しかも、6〜9か月間は十分な濃度で薬剤が留まっていてとれるというわけです。

 

飲むことを止めても、長年の悩みをやっつける効果が持続するんですね。
効果も十分で、
1年後には、約8割のにごり爪が治るといわれています。

 

薬を飲んで1〜2か月後には、爪に根元の部分が健康なピンクの色に変わってくるので、治療の効果は1年先よりももっと早い時期に実感できます。

 

さらに今は、イトラコゾール(イトリゾール)以外に、ラミシールという内服薬もよく医療現場で使われているようで、この飲み薬もにごり爪には強力に効いいてくれるみたいです。

どのくらい、薬を飲み続ければよいか?

にごり爪の場合は、薬を飲んでも変形したり変色した爪自体がきれいになる(元に戻る)ことはありません。

新しい爪が根本から生えてきて、古い爪がだんだん押し出され、最終的にきれいな状態になるということですね。

 

爪の伸びる速さは、手の爪だと1か月で3ミリ足の爪だと1.5ミリだといわれています。
すると、計算上は、完全に生え変わるには手の爪が6か月、足の爪なら1年の期間が必要と言われていますが個人差が大きい面もあるみたいです。

 

年齢が高くなればなるほど爪の伸びも遅くなるので、高齢者の場合は少し時間がかかると思った方が良いでしょう。
飲み薬は飲むことを止めても患部に留まってくれて、薬のアプローチ成分は半年以上、十分な濃度を保ってくれます。(アリガタいです!)

 

飲み薬を飲まなくても大丈夫な時期としては、これも個人差があるところですが、3カ月の服用を続ければにごり爪が治るかどうかの目途もつくので、3か月間の服用が一つの目安のようです。

 

ある調査では、3〜6か月の飲み薬の服用で1年後には8割程度の方が治るとされています。

治療効果をより速くする方法

にごり爪のなかには、爪が皮膚から浮いた状態の症状になっている場合があります。

 

専門用語では、爪甲剥離(そうこうはくり)というみたいですが、
この場合は、爪の下は空洞になるため、この空洞のところに長年の悩みのかたまりがびっしり詰まっていることがあります。
この場合は、血管を通して浸透させる内服薬だとしっかり浸透してくれないので、効果が限定されてしまうことがあるようです。

 

それでは、どうしたらいいかと言いますと、
爪が混濁している部分、剥がれている部分を削り取る方法があります。

小型ドリルを使ったりするようですが、ネットで調べてみますと、なんと爪を削るにごり爪用のヤスリも販売されているようです。

 

大きく変形して分厚くなった爪の場合も、ヤスリなどで削ることで薬の浸透を促進してくれるかも・・・です。
また、にごり爪を柔らかくする尿素軟膏と外用抗真菌剤をラップで密封するODT療法(密封療法)が行われることがあります。

 

これは、サランラップなどで覆って薬の浸透を良くしようとするものです。

これまでのにごり爪対策

これまで書いてきたように、にごり爪の治療って、専門の皮膚科に通って飲み薬を中心に治すっていうスタイルでした。
これが、今でも確実で最も早くにごり爪を治す方法であることは間違いないでしょう。
そして、その場合は医者の診断が必要で且つ病院で診察して処方箋をもらう必要があったんですね。

 

定期的な通院が必要で血液検査も受けなくてはいけません。さらに病院にかかる費用も、3〜5万円近くかかるということも調べていくうちにわかってきました。

 

正直なところ、そもそも、私の場合はあまり病院には行きたくなかったんです。
 
正直、医者に行く勇気がないというか(恥ずかしいというか)、面倒さがまず先行してしまいました。
そんなこともあり、病院に行く気は失せてしまいました。
また、他に飲んでいる薬もあったので、新たに飲み薬を増やすことには抵抗がありました。

 

ですから、自分の場合は自宅で自力でにごり爪を治すという選択しかありませんでした。

 

自分のようなおっさん以外でも、妊娠中や授乳中の女性などの場合は、副作用が怖いので病院では爪白癬の内服薬(飲み薬)治療は行いません。

 

あまり効果の期待できない塗り薬でじっくり治すか、出産、授乳が一段落してから治療する判断をしなければいけないことも多いでしょうから、なかなか治りにくいということもあるでしょうね。

 

私も、なんとか、塗り薬で市販されているにごり爪専用の薬はないか探してみました。
すると、今は何種類もの市販の塗り薬が発売されていて安心しました。

 

その中でもクリアネイルショットは、一般的な対策品とは異なり爪表面の親油性(油になじむ特性)を持つ膜の特性を利用しているので、成分が奥までしっかりと浸透します。

 

今生えている爪のケアはもちろん、新しく生えてくる爪の健康的な成長をサポート。

関連ページ

にごり爪の治療は今では自宅で可能?新時代に乗り遅れるな!
にごり爪は、これまでは不治の病とされてきましたが、それが変化しつつあるのをご存知でしょうか?爪水虫が治りにくいとされている理由から、現代での治し方についてこちらで検証しています。爪の異常に早く気付くことが大切です。
にごり爪治療−【病院での値段はどれくらい?】
にごり爪になったときに病院での治療を考える方も多いでしょう。いったい、どれほどの値段が必要でしょうか。治療費について調べてみました。
にごり爪の再発防止策 再発の多い厄介な病気
にごり爪が再発してしまうという経験はありませんか?治ったとしても再発してがっかりしないために、再発防止策を行うことが重要です。再発防止のための方法について、白癬菌のついた靴は履かないようにするなどの具体案をまとめています。
にごり爪治療開始の最適な時期とは?
にごり爪の治療開始は冬が最適であり、始めるチャンスです。水虫の原因となっている白癬菌の好みや、活動を休止する時期について情報を集めました。一時的に治ったように感じることはあっても、継続して治療を続けることが大切になります。
にごり爪予防には毎日の習慣が大事
にごり爪予防のために、毎日行いたい習慣についてまとめています。爪水虫は治りにくい病気なので、発症させないことがもっとも大切であり簡単です。白癬菌の洗い方や、足に付かないためのポイント、その他注意したいことを知っておきましょう。
にごり爪の感染に要注意−意外な場所に感染源が
病院で利用できるスリッパや銭湯のバスマットなどは爪水虫になる確率が高くても危険です。公共の場で白癬菌が付いてしまうよくあるケースと、それらに注意するためのポイントをまとめています。爪水虫がうつらない工夫と、発症させない予防が必要なのです。
にごり爪は治らないと思い込んでいませんか【自宅で簡単に治す方法】
にごり爪はなかなか厄介な病気で不治の病と言われていましたが、今は自宅で簡単に治療できるた時代です。 身近であるけれど意外と知られていない爪水虫について調べてみました。
にごり爪は病院に行かないと治らないか?自宅でこっそり治す方法
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪で病院に治療に行くのが恥ずかしい場合は【簡単自宅療法】
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪を自分で治すには?【自宅でこっそり治した方法とは】
にごり爪は今や自宅で自力で治す時代になりました。皮膚科で治すことができますが、病院での治療は飲み薬が中心。市販のこれまでの塗り薬は効果が弱かったため、治療に時間がかかっていました。今は強力な爪水虫専用の塗り薬が開発され通販で手軽に購入できます。
にごり爪を完治させるため専用に開発された塗り薬とは?
にごり爪を塗り薬で治したいと思ったら、爪水虫専用に開発された塗り薬で、自宅で簡単に完治を目指しましょう!
にごり爪を治す薬の副作用が怖い方
にごり爪の治療には飲み薬が最も効果的と言われていますが、副作用の心配がどうしても出てきます。副作用のない爪水虫の治し方について説明しています。
にごり爪に効く薬−おすすめの飲み薬・塗り薬は?
爪水虫を治す治療法として、飲み薬・塗り薬・レーザー治療があります。その中で副作用がなく、手軽に治せる治療法を紹介します。
にごり爪用の薬はドラッグストアで販売しているか?
結論からいいますとにごり爪の治療用にドラッグストアで販売されている薬や爪用ジェルはありません! でも今は、爪水虫専用に開発された商品が通販サイトから購入することが可能なんですね。
にごり爪になった20代、30代の女性が完治できる自宅治療法
若い女性でにごり爪になる方の割合が非常に増えています。若い20代、30代の女性で爪水虫の被害にあっている人が多いんですね。 でも、今は爪水虫専用のジェルが販売されています。
にごり爪になった若い女性がまず実践すべきことは?
若い女性にもにごり爪に悩まされる人が増えたのは、ブーツやパンプスなどの蒸れやすい靴を長時間履く人が増えたから。 爪水虫治療で薬を飲みたくないという女性も多いはずです。 私が病院には行かないで、爪水虫をなおした方法とは?
にごり爪を自宅で治す/市販品はどれがおススメ?
これまで市販されている塗り薬は、あくまで水虫に対して効果を発揮する薬というだけであって、にごり爪に効く市販の商品とは?
にごり爪に効く薬を薬局で探してみた
にごり爪の薬を塗って症状を軽くできないものかと、薬局で爪水虫の薬を物色してみました。 ですが水虫の薬というのはたくさんありますが、にごり爪に効く薬というのがよくわかりませんでした。そこでネットで検索してみると、爪水虫を退治してくれる爪用のジェルを見つけることができたのです。
にごり爪は市販薬で完治できるのか?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療にかかる期間−薬によって治る期間が違う
水虫の治療には、効果が大きい内服薬を使っても最低6か月はかかると言われています。通院が面倒になったり費用の負担も大きくなるので途中で治療を止めてしまう人も少なくありません。 自宅で治せるクリアネイルショットがおすすめです。
にごり爪治療で今話題-ヒットの理由とは?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。意外としつこい水虫や爪水虫。菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療にかかる費用−病院or自宅治療でどれだけ違う?
にごり爪が早く治る治療法があるとしても、払える金額なのか、とりあえず調べるしかありません。 病院に行くのと自力で治療するのとでは、どれくらいの差が出るのかも知っておきたいところです。
にごり爪の治療 飲み薬と塗り薬/あなたに合った治療法は?
一般的な足水虫よりも治療が困難なにごり爪は、これまでは皮膚科での治療で行うのが基本。 皮膚科では、飲み薬と塗り薬での治療が中心です。より効果が高いのが飲み薬で、爪水虫であると診断されたらまず飲み薬が薦められます。 効果が高い分、副作用も強いですから、飲み薬が処方できない人もいます。 初期の段階だったり飲み薬が利用出来ない場合には、塗り薬が処方されます。
にごり爪の治療方法 オールガイド
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪の治療は本当に病院が一番なの?
普通の水虫よりも爪に出来る爪水虫は治療も厄介なので、これまでは病院で治療が必要でした。 しかし、最近では良い市販薬が発売されているので、必ずしも病院に行かなくても治療はできるようになっています。
にごり爪専用の商品−おすすめは?【最も早く完治するために】
にごり爪には専用の塗り薬があります。間違っても水虫用の塗り薬を代用してはいけません。最も早く完治するためにおすすめの塗り薬を紹介します。
妊婦ににごり爪治療の商品は大丈夫?副作用は?
今でもにごり爪の内服薬は妊婦さんの使用は禁止されています。しかし、最近では病院に行かなくても市販の塗り薬が発売されています。 足水虫用の塗り薬は以前からたくさんありましたが、爪水虫に特化した塗り薬はこれまでありませんでした。
市販されているにごり爪用ジェルの実力は?
市販されているにごり爪用ジェルの実際の実力は? 皮膚科に行けば高い殺菌効果を持つ外用薬を処方してもらえますが副作用が怖いですね。何とか市販薬で治療したいところです。 市販の塗り薬となれば、やはりどうしても病院で処方される外用薬よりは効果は劣るかも知れません。 しかし何より、手軽に使用できるのが魅力です。
にごり爪のジェルで実際に効果があった体験
にごり爪は、通常の水虫と同様にそのまま放置していても治りません。 実際に爪水虫になった私が市販の塗り薬で治療をした体験談をご紹介します。
にごり爪になった女性が治療する一番の方法とは?
女性の場合、にごり爪や水虫の治療で皮膚科に行くこと自体に抵抗がある人も多いはずです。これまでは爪水虫の治療薬は皮膚科でしか処方してもらえなかったのですが、実は最近では爪水虫専用の市販の治療薬やケア商品が発売されています
にごり爪の女性が自分で治すと決断し取った行動とは?
営業職で活躍していたある女性は、足の爪に異変が起きているのに気付いたのです。 ネットや書物で調べて、にごり爪の存在を知り、自分がそうかもしれないと知って茫然としたそうです。 そして市販の薬では治すのは難しいと知り、やむを得ず皮膚科に行く決意をしました。 ところが、血液検査の結果、飲み薬が服用できないことが分かりました。
にごり爪の女性でも自力で自宅で簡単に治す方法とは?
まさか爪に水虫?と思われるかも知れませんが、水虫菌は爪の下にまで広がり爪をボロボロにしてしまいます。 若い女性でもにごり爪は出来ますから、爪がおかしいなと思ったらクリアネイルショットで治してくださいね。
にごり爪に効くといわれるエフゲンの効果や実力を検証
エフゲンは、大源製薬という製薬会社から発売されている水虫とにごり爪対策用の第二医薬品です。爪を軟化させて成分を浸透させ、さらに剥がして抗菌するというダブルの作用があります。
にごり爪のエフゲンで完治はできるのか?
エフゲンは製薬メーカーが開発した水虫対策の第二類医薬品。にごり爪にも効くといわれています。塗り薬なので、皮膚科で処方される内服薬のような副作用もありません。果たしてエフゲンで爪水虫は完治できるのか?
にごり爪治療商品 エフゲンで治った 口コミをチェック
皮膚内部の水虫菌まで除菌、殺菌する作用があるので、水虫を徹底的に治すことが出来るのです。 ただ爪水虫を治療しようと思ったら少し面倒です。
にごり爪用塗り薬 Dr.G'sクリアネイルの実力は?
にごり爪治療に効く塗り薬としてアメリカで人気ナンバーワンと言われるDr.G's クリアネイルやその他の治療薬の実力について調べてみました。
Dr.G'sクリアネイルは本当に効かないの 口コミは?
爪水虫になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
Dr.G'sクリアネイルがにごり爪に効果があるのか調べてみた
Dr.G'sクリアネイルの特徴、口コミ情報の良い評価、悪い評価をまとめてみました。
ラミシールはにごり爪に効かないって本当?副作用や口コミは?
ラミシールには、水虫やにごり爪の原因となっている白癬菌にアプローチする成分が配合された水虫治療薬です。ラミシールの飲み薬はドラッグストアでは市販されておらず、皮膚科で医師の処方箋がないと購入できないことになっています。ラミシールのクリームは爪への浸透性がよくないので、事前に爪を削ると良いと言われています。
にごり爪を自力で治す!自宅治療で簡単に実践できた方法とは?【最新情報】
2年前40才になったばかりの頃にとうとう水虫になってしまいました。さらににごり爪にまで。水虫治療薬はたくさんありますがにごり爪専用の市販薬はなかなかありません。 ですがクリアネイルショットは、ネット通販からでも購入できる爪水虫専用の外用薬でした。
にごり爪を自宅で簡単に治療した体験談
にごり爪になりボロボロなった爪を自宅でどのように治療していったのか? 私の体験談をご紹介します。(^o^)
にごり爪に効く医薬品って?【にごり爪治療の最前線】
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪を早く治すために私が実践した最新の方法とは?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪に民間療法は本当に効くの?色々ある民間療法を調べました!
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪が早く治ると評判のパルス療法とは?費用は?
パルス療法とは、飲み薬を飲む期間と飲まない期間を作る治療法です。 身体の負担が軽くなると同時に、連続服用法よりも治療期間が半分になります。 連続服用法だと6か月かかる治療期間が、パルス療法なら半分の3か月で終わります。 気になる費用ですが1か月のお薬代金がおよそ1万円で、これが3か月分なので合計で3万円ちょっとが目安です。
にごり爪治療で使われる最新薬の実力は?
にごり爪の治療ではこれまでイトリゾールやラミシールといった飲み薬が使われるのが一般的でした。その後、爪水虫の塗り薬、クレナフィン、2016年にはルコナックという爪水虫専用の塗り薬が発売。 そんな中、私がネットで見つけたのは爪水虫専用のジェル、クリアネイルショットです。
にごり爪を飲み薬で治す!通販で売ってるの?その値段は?
にごり爪になった場合の治療法と普段からの予防法について解説しています。治ったと思っても意外としつこい水虫や爪水虫。強力な塗り薬で菌をなくし、普段の生活で再発を防止しましょう。
にごり爪って普通の水虫薬で治せるものなんですか?
一番楽なのが市販の普通の水虫薬で治せられればいいですよね。 これまでの市販の塗り薬だと、どれだけ爪に塗っても、にごり爪はほぼ治らないと思った方がいいです。 でも、新しい商品がネット限定で発売されて人気になっています。
にごり爪治療で飲み薬が妊娠女性に悪い件
爪水虫に効く飲み薬は副作用があるので妊婦さんも飲めません。 妊娠中の女性はもちろん、長く継続的に飲む必要があるので妊娠を希望している女性も飲めません。 ではどうしたらよいでしょうか?
にごり爪を治すには医者にかかるのが一番って本当なの?
これまでにごり爪を治すためには、市販の薬がなかったので必ず医者にかからないといけませんでした。 しかし最近は爪水虫を治すためにもう一つ選択肢があります。
にごり爪対策【面倒な治療は卒業しませんか?】
私も40歳を過ぎた頃ににごり爪になったのですが、その時に爪水虫の治療がとても面倒なことを知り愕然としました。 病院で治療する場合には、内服薬での治療が主ですが外用薬だけで治療する場合もあります。 実は最近になって、爪水虫対策に開発されたジェルが通販で販売されています。
にごり爪を治す意外な対処法とは?40代おっさんの治療体験記
なかなか治りにくいと言われるにごり爪ですが、私は意外な方法で治すことが出来たのです。私の対処法は少し前まではまず考えられないことでした。 実は、最近になってとても良いジェルが開発されているのです。
通販で買えるにごり爪治療商品 自宅で簡単塗るだけ 1か月で効果がわかる!
にごり爪になると治すのがとても大変で、副作用のある内服薬を飲まないといけないと言われています。 実は内服薬を飲まなくても、通販で買える水虫治療薬で治すことが出来ます。
にごり爪ってほっておいたら一生治りません!【最新のにごり爪の治り方】
費用や手間、時間もかかるにごり爪の治療ですが、実は最新のにごり爪の治り方はもっと簡単になっています。
40代のおっさんが自宅でにごり爪が治るまでの体験談
40代になってにごり爪になった私がどのようにして治していったかの体験談をご紹介します。
にごり爪によく効く商品|【飲み薬編】と【塗り薬編】
にごり爪の治療は主に飲み薬で行われていますが、一般的なのはラシミールとイトリゾールです。 これまで市販の水虫薬は爪水虫を治療するための市販の商品がありませんでしたが、爪水虫治療に特化したクリアネイルショットという商品が通販で発売されて注目されています。
にごり爪を自宅で簡単に治す最新治療法
これまでも足の水虫専用の市販薬はありましたが、爪水虫専用の市販薬はありませんでした。 しかし最近、爪水虫対策のジェルが通販で開発され、通販で購入出来ます。 これを使用すれば、自宅でも爪水虫を治すことが可能になります。
足の爪ケア術の方法−美しい爪を取り戻せ!
足の爪が何だかおかしいな、と思った時のケアの方法を紹介します。 爪の色が白く濁っているようなら爪水虫になっている可能性が高く、すぐにケアをしないとどんどん悪化していきます。 今は自宅でケア出来るクリアネイルショットが発売されています。 硬い爪にも浸透するジェルで、有効成分が爪の奥にまでしっかりと届き白癬菌を撃退してくれます。