MENU

タイプ別 足の爪が厚い原因と治療・予防方法

足の爪が分厚く変形、白っぽい、あるいは黄色く濁ったり爪の表面がカサカサ・ボロボロになった

 

こうした爪の異常が現れたら、次のような色々な原因・症状が考えられます。

まず、厚硬爪甲症(こうこうそうこうしょう)ですが、高齢になって爪が厚く硬くなる症状です。

 

主に足の親指の爪が厚くなり、爪の色も濁った色から、灰色⇒茶褐色⇒黒と順に色が濃く変色してきます。

 

原因として多いのが深爪をすることで、露出した肉が盛り上がり、そこに爪の先が当たってきちんと伸びなくなり、爪の下に新たな爪ができて爪全体が厚くなります。

 

爪が肉に食い込んでいるので、痛みも出ます。特に70代や80代などの高齢者に多いと言われています。

 

次に考えられるのが、
爪甲下角質増殖(そうこうかかくしつぞうしょく)という症状です。
これは、爪の下の角質が増殖し、どんどん爪の下に角質が溜まっていって、全体的に厚く変形していく症状です。

 

ハイヒールなどの窮屈な靴を履いている女性に多くみられる症状だといわれています。

この症状は、巻き爪の原因にもなりますので、痛みも出ますし治療もより困難になってきます。

 

しっかり安全に治療しようとすれば、皮膚科などの病院で厚くなった爪を削るなどの処置を受けなければならないでしょう。

 

他には、カンジタというカビが爪に入ったり、爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)といって爪をその下の皮膚が剥がれて爪が白く見える疾患、足の小指の爪が靴などで圧迫されて変形する場合も考えられます。

 

また、爪にある半月の白い部分ですが、この箇所の異変はどう考えたらよいでしょうか?
半月がはっきり出ていたら健康の証拠と言われることもありますが、実は間違っています。

 

半月がくっきりしているとか、大きいとか、小さいとか、これらは生まれつきで人それぞれなので、健康状態とは一切関係ありません。
但し、栄養失調になると半月が出なくなって糖尿病や高血圧のときは半月がクッキリすることがあります。

 

また、半月が褐色や紫色に変色した場合は、心臓病や肝臓病の可能性がありますので要注意ですね。

 

そして最後に考えられるのが、にごり爪

 

何度も繰り返す足の裏の悩み菌である長年の悩み(はくせんきん)が、足の皮膚から爪に悩みして起こる症状です。

 

足の皮膚の何度も繰り返す足の裏の悩みを長い間放置していると、爪にまで何度も繰り返す足の裏の悩みが悩みしてしまうんです。ということは、何度も繰り返す足の裏の悩みの段階で治療して治しておけばにごり爪になることはないんですね。

 

にごり爪になると爪が分厚くなったり表面が滑らかでなくなり、ボコボコした感じになります。初期症状は痛みがありませんが、悪化すると痛みが出て日常生活に支障をきたすこともあります。

 

実際のところ、爪も変色し、白く濁ったり黄色くなったりするので、痛みよりも見た目が相当悪くなります。
恥ずかしくて人前で素足を出せないという面がつらいところですね。

 

ただし、にごり爪に見えるけど違う症状であることも多いようです。

 

実際に、にごり爪ではないかと思って皮膚科に来る患者の2〜3人に1人は、湿疹やかぶれなど他の病気であることもあるようです。

 

手足の爪全てが短期間に濁ってきたような場合は爪白癬でない=にごり爪ではないことが多いのです。
何度も繰り返す足の裏の悩みの本を読むと、皮膚科の専門医でも目視だけではにごり爪かどうかは判断できないそうです。

 

また、爪に潜む何度も繰り返す足の裏の悩み菌(長年の悩み=はくせんきん)は、爪の奥深くに入り込むため市販の塗り薬では患部に届きにくいため、薬剤があまり効かないともいわれています。

 

ですから、病院で診察を受けてにごり爪と診断されると、通常は塗り薬ではなく飲み薬が処方されるんですね。

 

飲み薬なら体内から患部に薬剤を届かせることができるので、爪にジャマされずに治療を行うことができるというわけです。
レーザー治療という選択もあるのですが、一般の病院ではあまりレーザー治療が普及しておらず、塗り薬で地道に治療するというケースが多いようです。

 

市販の塗り薬は何度も繰り返す足の裏の悩みには効くけどにごり爪にはあまり効果がないものばかりだったんですね。

 

しかし、ネットで調べていたところ、にごり爪専用に開発されたネット限定販売の商品が販売されており評判も上々の商品を発見しました。

 

これはうれしかったですね。その商品がクリアネイルショットです。
クリアネイルショットを使用した実感、効果などの記事はこちらから見ることができます。

 

にごり爪になる原因

にごり爪とは、長年の悩み(はくせんきん)というカビの一種が爪の中に入り込んでしまう疾患です。
長年の悩みは皮膚表面の角質層にまで侵入し、ケラチンというタンパク質をエサにして長く住みつきます。

 

この長年の悩みは生命力が強く、どんどん角質に浸食していくので、自然ににごり爪が治るということはありません。
何度も繰り返す足の裏の悩みになっても長い間放置していたり、何度も繰り返す足の裏の悩みの治療が中途半端だったりすると、足の皮膚の長年の悩みが爪に侵入して爪が何度も繰り返す足の裏の悩みになってしまう症状です。

 

爪に侵入すると、通常は爪の先端の下の箇所や爪の脇から侵入します。
すると、その部分の角質が増加して爪の先が厚くなって黄色く、あるいは白く変色してきます。

 

そうなると、その厚く変色した部分はもろくなりボロボロと爪の破片が取れるようになります。そして、その症状が爪全体に広がっていきます。

 

にごり爪にかかったのかどうかは、見た目だけでは正確に判断できません。

にごり爪は完治できる?

にごり爪は何度も繰り返す足の裏の悩みよりも治りにくいと言われているんですが、何度も繰り返す足の裏の悩みの研究が進んできた現在では、
何度も繰り返す足の裏の悩みの原因についてすでに解明されていて、治療法も確立されています。

 

一番早く確実ににごり爪を治すには、

医者で処方された飲み薬をちゃんと毎日飲むことです。

こうすれば、長年の悩みは1年もすればきれいに取り除かれ、にごり爪は完治できるというわけです。

にごり爪を自分で自宅で治す

今は市販の治療薬を使いにごり爪を自宅で確実に治療することが可能な時代となりました。

 

私の場合は、病院に通院する時間がそもそもなかったですし、他に飲んでいる薬もあり、飲み合わせの関係から新たに飲み薬を増やすことは避けたいという思いもありました。

 

ネットでいろいろ調べたところ、今はにごり爪専用に開発された塗り薬が通販で発売されており、爆発的に売れていること、にごり爪の治療にかなりの効果があることを知りました。

 

これまでは、にごり爪専用の塗り薬が市販されていなかったので、何度も繰り返す足の裏の悩み用の塗り薬で治療しようという方が多かったと思います。

 

でも、所詮は何度も繰り返す足の裏の悩み用の塗り薬なので、にごり爪には効果がほとんど期待できない状況だったんですね。

 

にごり爪は、どうしても薬の効果を爪の中に浸透させないといけないんですが、爪でブロックされてしまうため、何度も繰り返す足の裏の悩み用の塗り薬で治すのは厳しいわけです。

 

そこで、爪の表面には油と親和性がある特性があることに着目して、油と薬剤をセットにして浸透性を高めることでにごり爪に薬の成分が届くことに成功した爪用のジェルが世に出てきました。

 

それが、クリアネイルショットだったんです。

にごり爪の予防法

まず、病院の共用スリッパは要注意です。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みの人が、スリッパを履いたとすると、その中には長年の悩みがたくさん付いています。そしてそのスリッパを履くと、自分の足にも長年の悩みが付き、にごり爪になるかもしれません。

 

特に皮膚科は何度も繰り返す足の裏の悩み治療で通院する人が多いので注意が必要です。

 

また、銭湯などの公衆浴場バスマットも気を付けたいところです。

 

長年の悩みは水で流されるので、湯船のお湯が原因で何度も繰り返す足の裏の悩みがうつってしまうことはほとんどなく、バスマットのほうが何度も繰り返す足の裏の悩みの足が直接触れるため、長年の悩みの付いた皮膚や垢がたくさん付いています。

 

しかもバスマットは高温多湿の場所に置かれているので、長年の悩みも増殖しやすい環境にあります。

毎日きれいに足を洗う

長年の悩みは角質層に入るまで24時間以上かかるので、毎日きれいに足を洗っておけば、仮に長年の悩みがついても洗い流されるので、にごり爪になる確率はかなり少なくなります。

 

この特性さえ理解していれば、仮に何度も繰り返す足の裏の悩みが悩みするような場所に行っても何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪に悩みすることはありません。

 

いくら注意しても何度も繰り返す足の裏の悩み菌が生活環境にある限り、絶対に足に菌が寄り付かないということはありません。

 

足を毎日しっかり洗っておくこと。
これがにごり爪対策の一番効果的で簡単な予防方法だと思います。

関連ページ

爪の変形、変色ならにごり爪かも にごり爪の症状
爪の変形、変色、カサカサ、ボロボロ、分厚くなった、汚い、などの症状ならにごり爪が原因かもしれません。
にごり爪を絶対治す-悩みや不安はあっても治す方法あります!
水虫は医者に行くほどの病気じゃない、周りに知られたくない、家族にうつすのでないという不安があり、人知れず悩んでいる人が多いと思います。じつは自分もそうでした。ひそかに治したいっていう人は多いはずです。
水虫とにごり爪との関係−水虫より治りにくいにごり爪
水虫とにごり爪の関係について知っていますか?場合によっては10年以上も繰り返し発症し続けることもある水虫について、それぞれの原因やその問題点などをこちらで紹介しています。水虫もしくはにごり爪の症状が現れた時はすぐに治療しましょう。
水虫の種類や症状−にごり爪じゃないかも
水虫の種類について知っていますか?一般的に言われている水虫以外にもさまざまな水虫がありますが、その原因となる白癬菌がどこに付くのかによっても違います。こちらではそれぞれの種類について、そしてなぜ足にできやすいのかをまとめました。
にごり爪が若い女性に最近多い原因とは?
水虫の特長は時代と共に変化し続けているのを知っていますか?昔よりもずっと患者数が増えている水虫について、その歴史から由来についてまとめています。OLや女子大生など若い女性にも増えている水虫の恐怖と悩みについてチェックしましょう。
他人のにごり爪に触るとうつるの? 多い誤解
他人のにごり爪は自分にうつるのでしょうか?こちらでは、水虫がうつってしまう条件について掲載しています。意外にも、簡単にうつるものではありませんので、不用意に避けないための正しい知識を備えておくことをおすすめしています。
にごり爪は遺伝?女性もなりやすいの?原因を知ることで治療できる
水虫になりやすい人の特長などをこちらにまとめています。ハイヒールやブーツなどの蒸れやすい履き物を、長時間履き続けていることでなりやすいのですが、それ以外にもさまざまな条件があります。予防は誰にでも大切です。
足の爪が白い原因−にごり爪の可能性があります
足の爪が白いとか、ゴワゴワしている、分厚く変形 こんな症状が出たら、それはにごり爪の可能性があります。にごり爪はどうしてなるのか、その原因と解決策は?
にごり爪って不治の病気なの?効果のある塗り薬・飲み薬
にごり爪は本当に治らないのか?以前は治りにくい時代もありましたが、今は原因も解明され、飲み薬・塗り薬どちらも十分、にごり爪に効果があります。
足の爪が変色したらにごり爪などの病気かも?【色別症状について】
足の爪が変色してしまったら【色別の判別の仕方】 通常、ピンク色の足の爪が急に変色したとしたら、不安に思う人も多いでしょう。爪の変化によっては体の健康状態を教えてくれるサインでもあります。
足の爪が濁る原因と治療方法を実体験で解説します!
足の爪が濁る症状で一番可能性として高いのが、にごり爪といわれる爪の水虫です。 以前は不治の病と言われたこともありますが、病院や自宅で治すことができるようになりました。
足の爪が汚い原因と解決法【その爪、にごり爪かもしれません】
足の爪汚く濁ったり変形したりしたらにごり爪になっている可能性が高いです。にごり爪を放置しておくと症状は悪化するばかり、ほっといて治る病気じゃないんですね。
【爪白癬】の正体とは?治る病気なの?
爪白癬は爪の水虫です。水虫より治療が難しくて治りにくい面があります。飲み薬での治療が中心ですが、塗り薬系でも効果があるネイルジェルが開発市販されていますので利用を検討されてはどうでしょうか?
足の爪に異常あり!爪の変形、変色、濁りのケア商品とは?
足の爪水虫専用のケア商品がないかとネットでいろいろ探していました。 探していると評判の良いクリアネイルショットという商品を見つけました。
足の爪が汚いと感じたら⇒早めの治療で短期で治す
足の爪のトラブルの症状は白濁や乾燥の他に、爪の形が変形したり分厚くなったり縦線や亀裂が入ることもあります。 爪が欠けたり割れたりしてデコボコに変形してしまうこともあります。爪の変化は健康のバロメーター。爪水虫なら早めの治療がおススメです。
にごり爪か?と思ったら【症状別の見分け方】
にごり爪の主な症状としては、まず爪の色の濁りが見られます。 本来の爪の色とは違い、白濁したり黄色や褐色に濁ってきます。 爪が分厚くなるのも爪水虫特有の症状ですね。
にごり爪になると足が臭くなるって本当?
白癬菌自体が臭ってしまうことはありません。 足の環境が悪いことが原因となっています。 蒸れた靴の中では足の裏からたくさんの汗が分泌され、足の裏の垢や角質を分解してイソ吉草酸という脂肪酸を発生させるようになります。 イソ吉草酸こそが不快な足臭の原因物質です。
にごり爪を完治するのに必要な期間はどれくらい?
にごり爪の特徴、水虫の種類、水虫と爪水虫との関係、爪水虫は本当に治らないの?
にごり爪治療で使われるにごり爪の効果は?
竹酢液の非常に強い殺菌力は、にごり爪の原因となっている白癬菌を殺菌してくれる作用もあります。 白癬菌を退治すると同時に、感染予防にもなると言われています。 問題は硬い爪にブロックされて患部に届かないというところですね。
にごり爪になった子どもが安全に完治できる方法
にごり爪の特徴、水虫の種類、水虫とにごり爪との関係、にごり爪は本当に治らないの?
「足の爪の形が悪いなぁ」と感じたらにごり爪の疑いがあります
足の裏の水虫が広がって爪に及ぶときには、白癬菌は爪の先端の下の部分か爪の脇(横側)から入り込みます。 ですから、最初の症状としては、この入り込んだ箇所が分厚くなって爪の色も濁ってきたり黄色や白色に変色したりします。
にごり爪をほっとくと一体どうなってしまうのか?【症状例と治療法】
にごり爪をほっとくと、どんどん症状が悪化していきます。 通常の健康な爪は透明ですが、にごり爪になると爪が白く濁ってきます。 自然とぽろぽろと剥がれ落ちるようにもなりますが、剥がれ落ちた爪には爪水虫の原因菌がびっしりといますから、これがさらに水虫を拡大していきます。 他の指に移るのはもちろん、家族にも水虫をうつしてしまう恐れがあります。
「足の爪が妙に変形してきた」と思ったあなたへ
爪水虫になると爪が変形してきて、そのまま放置していても治ることがありません。 私もこの爪水虫になったことがあります。 40歳過ぎに水虫となりそれが次第に爪にも感染してしまい爪水虫となりました
にごり爪とスポーツとの関係 ≪にごり爪になりやすいスポーツとは?≫
スポーツをするとにごり爪になりやすいという説がありますが本当でしょうか? 実際に調べてみましたが、そんなことはありませんでした。 でも、爪水虫になりやすい状況はできやすいことがわかりました。
【足の爪が最近妙に浮く】その原因とは?
白く濁った爪はどんどん分厚くなっていき、指から浮くような症状も見られます。それは爪水虫かもしれません。 白癬菌に侵された爪はもろくなり、次第にボロボロと欠けて落ちるようにもなります。
足の親指の爪がでこぼこ・変色・汚い その理由とは?
爪がでこぼこしている、変色しているなど、爪がどうも汚いなと思ったことはないでしょうか。 実はこれらの症状は全て、爪に白癬菌が感染して起こる爪水虫の症状なのです。
足の爪が盛り上がった原因とあなたがすべきこと【治療法と予防策】
足の爪の厚みが増えて盛り上がるような症状があれば爪水虫かも知れません。 爪も水虫になるの!とびっくりする人も多いでしょう。 実際私も40になったくらいに爪水虫になったのですが、それまで爪水虫があることすら知りませんでした。
最近、足の爪がもろくなったと感じるあなたに それは爪水虫かもしれません!
爪がもろい状態になるのは、ある程度爪水虫が進行してしまっています。 はじめは爪が白く濁ってきて、次第に分厚くなっていきます。 私は病院にも行かず、内服薬も飲まないで爪水虫を治すことが出来ました。
足の爪が隆起してきて人前に足先を出せない 原因と解決法
足の爪が隆起してきて、爪の色も白く濁っているようなら爪水虫になっている可能性が高いです。 どのようにして治すのか説明していきます。
足の爪ががさがさになった40代おっさんの治療法
爪ががさがさしていたり色が濁っているようなら、クリアネイルショットを試してみて下さい。
足の爪がボコボコになった原因はにごり爪でした!
足の爪がなんだかボコボコになっているのに気がつきました。 水虫と爪のボコボコに関係があるとは、その時は思いもよりませんでした。 そんな私がどう治したか?