MENU

足の爪が濁る原因と治療方法とは?

爪は、体に健康状態に異変が起こった時にサインを出してくれる健康状態のバロメーターといわれています。

 

例えば、爪に横線が入るときは精神的なものから内臓の病気の可能性が考えられますし、爪に縦線が入るのは加齢の原因であることが多い、といった具合です。

 

特に、足の爪が濁る症状で一番可能性として高いのが、

 

爪白癬(つめはくせん)といわれる爪の何度も繰り返す足の裏の悩みです。

 

日本人では5人に1人が何度も繰り返す足の裏の悩みにかかり、そのうち半数はにごり爪にもかかっているといわれていますので、日本人の10人に1人がにごり爪にかかっていることになります。
かなり高い確率ですね。

 

足の爪の濁りが白色から黄色に変わったり、かゆみが出てきたり、爪が変形したりする場合は、かなりにごり爪の症状が悪化してしまった状態です。

 

にごり爪にかかっている患者の男女比は男性が約6割、女性が約4割といわれていますが、現代は、女性の比率が上がっています。

 

何度も繰り返す足の裏の悩み・にごり爪と言えば、高齢者やおじさんの病気というイメージがありましたが、女性の場合、ずっと靴を履いている環境の場合が多いため、知らずににごり爪にかかっている女性も多いとのこと。

 

ちなみに60歳以上の高齢者だと、5人に1人の割合でにごり爪にかかっているといわれています。

 

この爪の濁りがにごり爪による原因である場合、これまで完治するのに1年から2年ほどかかりました。
そんなこともあって、にごり爪は昔から不治の病とも言われていたんですね。

 

しかし、今は医療の進歩もあり、にごり爪に有効な薬が医療現場で使われていますので、にごり爪の治療は劇的に進歩していますから、あきらめる必要はまったくありません。

 

私の場合は、40代でにごり爪にかかってしまいました。それまで、恥ずかしながらにごり爪の存在すら知らなかったです。

 

しかし、ちょうどにごり爪に効くと評判のジェルをネットで見つけ、それが、クリアネイルショットという商品でした。

 

にごり爪かどうかも分からない・・・そんな方も多いかもしれません。
その場合は、クリアネイルショットをまず1本使用して様子を見られることをお勧めします。

 

初回購入は1,000円台の値段で購入でき1本でおよそ1か月分あります。

 

クリアネイルショットを実際に使った体験談はにごり爪が治った体験談からお読みいただけます。

 

クリアネイルショットの販売サイト⇒にごり爪専用ジェル/『クリアネイルショット』

足の爪が濁るにごり爪の原因

にごり爪は、長年の悩みという何度も繰り返す足の裏の悩みの原因菌(カビ)がすみついて起こる悩み症ですが、一度爪の中に長年の悩みが入ると、爪が長年の悩みの貯蔵庫の役割をしてしまいます。

 

そのため、にごり爪を治療しない限りにごり爪と足の何度も繰り返す足の裏の悩みによる長年の悩みが生き続けてしまい、にごり爪も何度も繰り返す足の裏の悩みも治らないという負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

また、何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪は、病気と言うより不潔な男がかかるイメージがありますし、身近な存在でもあります。

 

しかし、私のように意外と何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪の事を知らない方は多いのではないでしょうか。

 

何度も繰り返す足の裏の悩みは長年の悩みというカビ(真菌)の一種ですが、長年の悩みにも色々な種類があります。

 

なかでも足の何度も繰り返す足の裏の悩みから見つかる何度も繰り返す足の裏の悩み菌のほとんどはトリコフィトン・ルブルム(紅色菌)とトリコフィトン・メンタグロフィテス(趾間菌)で、全体の99%以上を占めます。

 

長年の悩みは人の皮膚や爪・毛に入り込んで寄生します。

 

足以外にも手や頭部、股間などでも症状を引き起こします。頭にできた白癬は「しらくも」、体にできた白癬は「たむし」、股間にできた白癬は「いんきんたむし」などと呼ばれています。

 

爪にできた白癬は「爪白癬」とか「にごり爪」と呼ばれます。

長年の悩みの特徴

人間に病気を引き起こす細菌やウイルスなどと違って、長年の悩みは生きている細胞の中へは侵入出来ません。
死んだ細胞の中のみ活動ができます。

 

では私たち人間の皮膚に死んだ細胞があるかと言いますと、それは表皮の一番外側にある角質層などです。

 

この角質層では、ケラチンという硬いタンパク質の詰まった角質細胞がびっしり層になっていて外部からいろんなものが勝手に皮膚に入り込めないようになっています。

 

しかし長年の悩みはケラチンを分解するケラチナーゼという特殊な酵素を持っていますので、この酵素を分泌してケラチンを栄養源にしながら角質層に棲みつくことが出来ます。

 

この角質層が最も厚いのが足の裏です。また、爪や毛も角質層が分化したものなのでケラチンが主成分です。

 

ですから、長年の悩みにとってケラチンがいっぱいある角質層や爪・毛は絶好のすみかとなります。
角質層の古くなった細胞は、新しい細胞ができるたびにアカとなって剥がれ落ちます。これが皮膚の新陳代謝です。

 


にごり爪の人のアカの中には長年の悩みがいますので、素足で余暇やカーペットの上を歩いたりスリッパを履いたりすると、そこにアカと一緒にたくさんの長年の悩みがまき散らされます。

 

アカから離れた長年の悩みは大気中では長時間生きることができませんが、アカの中に潜んで十分な湿度と温度がある場合は外に放置されてもアカを栄養源にして数ヶ月以上も生き続けることが出来ます。

 

ですから、マットやスリッパの中は生き続けやすいため、何度も繰り返す足の裏の悩みが移りやすい媒体と言えます。

 

また長年の悩みは高温で多湿なところが一番元気に活動します。

 

例えば湿度85%以下だと長年の悩みが皮膚に付着してから1週間たっても角質層に入り込めないのに対して、湿度100%では一日で進入できると言われています。

 

ですから何度も繰り返す足の裏の悩みの悩みは、温度より湿度のほうが重要な要素となってきます。

 

一般的に私たちの足の指の間の湿度は素足で生活している時は80%であるのに対し、ずっと靴を履いた状態だと100%近くになります。

 

ですから、靴の中は長年の悩みにとってみたらとても住みやすい場所だといえます。

 

日本では江戸時代までは靴を履く習慣がありませんでしたから何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪の患者は、より少なかったのですが、特に明治以降からは何度も繰り返す足の裏の悩みの患者数が飛躍的に増え、現在では国民の5人に1人が何度も繰り返す足の裏の悩みにかかっていると言わています。

 

特に、仕事をしている女性の場合は、ハイヒールやブーツなど通気性のあまり良くない靴を履いて1日中生活していることが多きのでにごり爪にかかる可能性が高まってしまいがちです。

 

1年を通した時期でみてみると、5月から7月に何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪の活動が活発になり、冬は活動が鈍くなります。

 

冬になると何度も繰り返す足の裏の悩みやにごり爪が治ったように思ってしまいがちですが、実際には長年の悩みが皮膚の角質層に潜んでいるだけで治ったわけではありません。

 

逆に冬の時期にしっかり治療をすれば、より短期間で効率的ににごり爪を治すことができます。

にごり爪がなかなか治らない理由

  • にごり爪は治らないと諦めている
  • 病院で治療するのが恥ずかしいので治療を開始しない
  • 何度も繰り返す足の裏の悩みと違ってにごり爪は市販薬では治りにくい
  • 少し症状が改善しただけで治療をやめてしまうと再発してしまう
  • 仮に治った場合でも生活環境などが変わらないと再発する事がある
  • 寒い季節になると、にごり爪の症状が緩和するため、治ったと思い込んでしまう

 

このような事からにごり爪がなかなか治らないことが多いのです。

 

マスコミでにごり爪が取り上げられる機会も増えているので、爪にも何度も繰り返す足の裏の悩みができること、にごり爪になっても治療できるという意識が認知されてきつつあります。

 

ですから、以前ならにごり爪にかかった女性が恥ずかしくて病院に行くのも躊躇していたのが、にごり爪は治る病気ということで積極的に病院に行くようになってきたようです。

 

恥ずかしながら、自分の場合は、自分自身に症状が出て調べるまで、にごり爪という存在に気が付きませんでしたが・・・。

にごり爪はどのように治っていくのか?

爪白癬では、薬を飲んだからと言って濁った爪の部分が元の透明な爪に戻ると言うことはありません。

 

薬が効いてくると長年の悩みに侵された爪の部分が爪の伸びにしたがって先の方へと押し出され正常な爪に置き換えられます。

 

ですから、爪の濁りが先端部だけの場合は完全に治るまでの期間は短くて済みますが爪全体が濁っている場合にはどうしてもその期間が長くなります。

 

爪の伸びる速度は手の爪で1ヶ月に約3mm、足の爪では約1.5mmと言われています。

 

完全に健康な爪に生え変わるには、個人差がありますが手の爪で6ヶ月、足の爪で1年以上の時間が必要とされています。

 

にごり爪が完治するには上記のような期間が必要ですが、薬がにごり爪に効いているかどうかはもっと早い段階でわかります。

 

飲み薬は3ヶ月続けますと爪の根元から健康な爪が生えてきますので、そうなれば薬が効いていると言う証明になります。
こうなれば、もう濁った足の爪とはオサラバです。

治りにくい爪白癬の場合

このように、にごり爪はきちんと治療すれば3ヶ月で治せるものです。
最初は、足の爪が濁ってつらい思いをしていた方も、ピンク色の爪が生え変わってくるとうれしくなりますね。

 

治療としては、医療現場では、普通はにごり爪の治療には飲み薬が使用されます。塗り薬はあまり使われないんですね。

 

なぜなら、塗り薬だと爪の中にある長年の悩みに薬の効果を届けることが難しいからなんですね。
飲み薬であれば体の中から血液を介して爪に運ばれ、そこで薬剤の効果を発揮する事ができますから。

 

飲み薬でにごり爪を治療する場合、一日1回、服用するだけで十分な効果があります。

 

昔のにごり爪用の飲み薬は一日に2回も3回も飲まないといけなくて、しかも治りにくかったのですが、今の新薬はにごり爪に抜群な効果があるので、一日1回の服用で大丈夫なんですね。

 

さらに、パルス療法という新しい治療法も採り入れられていますので、病院で治療していけば、飲み薬なら3ヶ月でにごり爪は治せる時代になっています。

 

ただし、爪白癬の中でも治りにくいタイプもあります。
くさび形に常に臭いが入った場合とか爪甲剥離(そうこうはくり)と言われる、爪が皮膚から浮いているような場合には、爪の下に長年の悩みがびっしり詰まっています。

 

この場合は、薬が長年の悩みの塊の中まで浸透していかないので、薬の有効濃度が殺傷するまでのレベルに達しないのでなかなか治りません。

 

そんな場合は爪が混濁している部分や剥がれている部分を電池式のドリルなどで削り取り、その削り取った部分に塗り薬をつけ、飲み薬と一緒に治療する事で早く治療することができます。

飲み薬の治療が見込めないときは?

ただし、症状が軽い場合や何らかの理由で薬が飲めない場合、飲み薬が使いたくない場合には塗り薬での治療になります。
塗り薬での治療は、飲み薬ほどの効果が見込めないので、爪を削って外用薬(塗り薬)を染み込ませるとか、爪をやわらかくする軟膏と塗り薬を併用するというやり方もありますが、治療期間はどうしてもかかるのが現実です。

 

じゃあ、市販の塗り薬はどうかというと、効果バッチリの塗り薬がこれまでなかったんですね。

 

それが、最近になって、にごり爪用に専用に開発された爪用のジェルが市販されるようになって事情が違ってきました。

 

ネット販売のみのため、ドラッグストアなどでは販売されていませんが、ネット通販で罰初的に売れていて、注文しても少し待たなくてはいけないほど売れているんですね。

 

それが、クリアネイルショットです。

 

医薬品ではありませんので、販売サイトを見ても、にごり爪に効果ありとかの表記はありません。

 

薬事法の関係から微妙な表現になっていますが、実際に自分が使ってみてにごり爪に効果がありましたので、自宅で簡単ににごり爪を治したい人には魅力のある商品だと思います。

 

クリアネイルショットの使用体験談はこちらから。

 

クリアネイルショットの販売サイトはこちら⇒にごり爪専用ジェル/『クリアネイルショット』

 

なお、濁った足の爪を直しても再発の可能性があります。

 

せっかく治療したにごり爪を再発させないためには、にごり爪の元となる何度も繰り返す足の裏の悩みも完治させなくてはなりません。

 

にごり爪が治ったとしても、何度も繰り返す足の裏の悩みが残っている以上、いつでも長年の悩みが爪の方に悩みしてしまう危険性があるからです。

 

ほっておいても、にごり爪が自然と治ることはありません。
また、家族にうつしてしまうことも考えると、早めの完治を考えたいところですね。

関連ページ

爪の変形、変色ならにごり爪かも にごり爪の症状
爪の変形、変色、カサカサ、ボロボロ、分厚くなった、汚い、などの症状ならにごり爪が原因かもしれません。
にごり爪を絶対治す-悩みや不安はあっても治す方法あります!
水虫は医者に行くほどの病気じゃない、周りに知られたくない、家族にうつすのでないという不安があり、人知れず悩んでいる人が多いと思います。じつは自分もそうでした。ひそかに治したいっていう人は多いはずです。
水虫とにごり爪との関係−水虫より治りにくいにごり爪
水虫とにごり爪の関係について知っていますか?場合によっては10年以上も繰り返し発症し続けることもある水虫について、それぞれの原因やその問題点などをこちらで紹介しています。水虫もしくはにごり爪の症状が現れた時はすぐに治療しましょう。
水虫の種類や症状−にごり爪じゃないかも
水虫の種類について知っていますか?一般的に言われている水虫以外にもさまざまな水虫がありますが、その原因となる白癬菌がどこに付くのかによっても違います。こちらではそれぞれの種類について、そしてなぜ足にできやすいのかをまとめました。
にごり爪が若い女性に最近多い原因とは?
水虫の特長は時代と共に変化し続けているのを知っていますか?昔よりもずっと患者数が増えている水虫について、その歴史から由来についてまとめています。OLや女子大生など若い女性にも増えている水虫の恐怖と悩みについてチェックしましょう。
他人のにごり爪に触るとうつるの? 多い誤解
他人のにごり爪は自分にうつるのでしょうか?こちらでは、水虫がうつってしまう条件について掲載しています。意外にも、簡単にうつるものではありませんので、不用意に避けないための正しい知識を備えておくことをおすすめしています。
にごり爪は遺伝?女性もなりやすいの?原因を知ることで治療できる
水虫になりやすい人の特長などをこちらにまとめています。ハイヒールやブーツなどの蒸れやすい履き物を、長時間履き続けていることでなりやすいのですが、それ以外にもさまざまな条件があります。予防は誰にでも大切です。
足の爪が白い原因−にごり爪の可能性があります
足の爪が白いとか、ゴワゴワしている、分厚く変形 こんな症状が出たら、それはにごり爪の可能性があります。にごり爪はどうしてなるのか、その原因と解決策は?
足の爪が厚い-原因と治療・予防を調べました
足の爪が厚い原因はいくつかありますが、かなりの確率で爪水虫の可能性があります。爪水虫の治療・予防方法を調べました。昔は不治の病と言われましたが、今は自宅で簡単に治せる病気になりました。
にごり爪って不治の病気なの?効果のある塗り薬・飲み薬
にごり爪は本当に治らないのか?以前は治りにくい時代もありましたが、今は原因も解明され、飲み薬・塗り薬どちらも十分、にごり爪に効果があります。
足の爪が変色したらにごり爪などの病気かも?【色別症状について】
足の爪が変色してしまったら【色別の判別の仕方】 通常、ピンク色の足の爪が急に変色したとしたら、不安に思う人も多いでしょう。爪の変化によっては体の健康状態を教えてくれるサインでもあります。
足の爪が汚い原因と解決法【その爪、にごり爪かもしれません】
足の爪汚く濁ったり変形したりしたらにごり爪になっている可能性が高いです。にごり爪を放置しておくと症状は悪化するばかり、ほっといて治る病気じゃないんですね。
【爪白癬】の正体とは?治る病気なの?
爪白癬は爪の水虫です。水虫より治療が難しくて治りにくい面があります。飲み薬での治療が中心ですが、塗り薬系でも効果があるネイルジェルが開発市販されていますので利用を検討されてはどうでしょうか?
足の爪に異常あり!爪の変形、変色、濁りのケア商品とは?
足の爪水虫専用のケア商品がないかとネットでいろいろ探していました。 探していると評判の良いクリアネイルショットという商品を見つけました。
足の爪が汚いと感じたら⇒早めの治療で短期で治す
足の爪のトラブルの症状は白濁や乾燥の他に、爪の形が変形したり分厚くなったり縦線や亀裂が入ることもあります。 爪が欠けたり割れたりしてデコボコに変形してしまうこともあります。爪の変化は健康のバロメーター。爪水虫なら早めの治療がおススメです。
にごり爪か?と思ったら【症状別の見分け方】
にごり爪の主な症状としては、まず爪の色の濁りが見られます。 本来の爪の色とは違い、白濁したり黄色や褐色に濁ってきます。 爪が分厚くなるのも爪水虫特有の症状ですね。
にごり爪になると足が臭くなるって本当?
白癬菌自体が臭ってしまうことはありません。 足の環境が悪いことが原因となっています。 蒸れた靴の中では足の裏からたくさんの汗が分泌され、足の裏の垢や角質を分解してイソ吉草酸という脂肪酸を発生させるようになります。 イソ吉草酸こそが不快な足臭の原因物質です。
にごり爪を完治するのに必要な期間はどれくらい?
にごり爪の特徴、水虫の種類、水虫と爪水虫との関係、爪水虫は本当に治らないの?
にごり爪治療で使われるにごり爪の効果は?
竹酢液の非常に強い殺菌力は、にごり爪の原因となっている白癬菌を殺菌してくれる作用もあります。 白癬菌を退治すると同時に、感染予防にもなると言われています。 問題は硬い爪にブロックされて患部に届かないというところですね。
にごり爪になった子どもが安全に完治できる方法
にごり爪の特徴、水虫の種類、水虫とにごり爪との関係、にごり爪は本当に治らないの?
「足の爪の形が悪いなぁ」と感じたらにごり爪の疑いがあります
足の裏の水虫が広がって爪に及ぶときには、白癬菌は爪の先端の下の部分か爪の脇(横側)から入り込みます。 ですから、最初の症状としては、この入り込んだ箇所が分厚くなって爪の色も濁ってきたり黄色や白色に変色したりします。
にごり爪をほっとくと一体どうなってしまうのか?【症状例と治療法】
にごり爪をほっとくと、どんどん症状が悪化していきます。 通常の健康な爪は透明ですが、にごり爪になると爪が白く濁ってきます。 自然とぽろぽろと剥がれ落ちるようにもなりますが、剥がれ落ちた爪には爪水虫の原因菌がびっしりといますから、これがさらに水虫を拡大していきます。 他の指に移るのはもちろん、家族にも水虫をうつしてしまう恐れがあります。
「足の爪が妙に変形してきた」と思ったあなたへ
爪水虫になると爪が変形してきて、そのまま放置していても治ることがありません。 私もこの爪水虫になったことがあります。 40歳過ぎに水虫となりそれが次第に爪にも感染してしまい爪水虫となりました
にごり爪とスポーツとの関係 ≪にごり爪になりやすいスポーツとは?≫
スポーツをするとにごり爪になりやすいという説がありますが本当でしょうか? 実際に調べてみましたが、そんなことはありませんでした。 でも、爪水虫になりやすい状況はできやすいことがわかりました。
【足の爪が最近妙に浮く】その原因とは?
白く濁った爪はどんどん分厚くなっていき、指から浮くような症状も見られます。それは爪水虫かもしれません。 白癬菌に侵された爪はもろくなり、次第にボロボロと欠けて落ちるようにもなります。
足の親指の爪がでこぼこ・変色・汚い その理由とは?
爪がでこぼこしている、変色しているなど、爪がどうも汚いなと思ったことはないでしょうか。 実はこれらの症状は全て、爪に白癬菌が感染して起こる爪水虫の症状なのです。
足の爪が盛り上がった原因とあなたがすべきこと【治療法と予防策】
足の爪の厚みが増えて盛り上がるような症状があれば爪水虫かも知れません。 爪も水虫になるの!とびっくりする人も多いでしょう。 実際私も40になったくらいに爪水虫になったのですが、それまで爪水虫があることすら知りませんでした。
最近、足の爪がもろくなったと感じるあなたに それは爪水虫かもしれません!
爪がもろい状態になるのは、ある程度爪水虫が進行してしまっています。 はじめは爪が白く濁ってきて、次第に分厚くなっていきます。 私は病院にも行かず、内服薬も飲まないで爪水虫を治すことが出来ました。
足の爪が隆起してきて人前に足先を出せない 原因と解決法
足の爪が隆起してきて、爪の色も白く濁っているようなら爪水虫になっている可能性が高いです。 どのようにして治すのか説明していきます。
足の爪ががさがさになった40代おっさんの治療法
爪ががさがさしていたり色が濁っているようなら、クリアネイルショットを試してみて下さい。
足の爪がボコボコになった原因はにごり爪でした!
足の爪がなんだかボコボコになっているのに気がつきました。 水虫と爪のボコボコに関係があるとは、その時は思いもよりませんでした。 そんな私がどう治したか?